トップ>ニュース>2015年2月

2015年2月

コミュニケーション講座を受けて

コミュニケーションスキル.jpg

 

40代男性 会社員 T S さん      2014.2.24

ご本人に了承の上掲載させていただきます。

***************************************

感想

昨年9月から今年1月まで、「コミュニケーションスキル講座」を受講させていただきました。
この講座の一番重要なことは、「人は誰でもOKである」を理解することです。

 

私は、何か嫌なことがあれば「○○のせいだ!」「社会が悪いのだ!」「自分が悪いのだ!」と“ディスカウント”していました。

 

そのため、「今後何をどうしたいのか?」がわからず、自己嫌悪になってしまい、仕事におけるミスの連発、ストレスが原因の暴食(それに伴う肥満)・借金やSEX依存(風俗通い)、最後には“躁うつ病”と診断され、昨年の8月まで通院(心療内科・精神科を6年間・2回転院)していました。


人間は、基本“3つの心”で構成、さらに“5つの心に分類”されています。生まれてからの“親の躾”や“家庭や社会環境”で形成されます。だから相手や自分の過去は“変えられえない”ことが分かったことが一番大きかったです。


すなわち、困難を打開するには、自分が現在“どの心なのか”を理解した上で“自分が変わらないといけない”のです。意見や行動が自分と対立して“当然”なのです。だから、「○○のせいだ!」「社会が悪いのだ!」「自分が悪いのだ!」と“ディスカウント”しても仕方がないのです。


ここで大事なことは、物事を解決するには、冷静に考え・行動する“大人の心”が重要になります。「根本的な原因は何だろうか?対策は?メリット・デメリットは?最終的に“何をどうしたいのか?”自分で調べて考え責任を持って実行しなさい!」これに尽きると思います。

 

私はこのことを全く考えずに相手や自分を“ディスカウント”していたわけです。
最後の「自分で調べて考え責任を持って実行しなさい!」は最後に転院した病院の院長が毎回おっしゃっていました。このことは「あなた自身が社会生活をする上で騙されないためにも重要です!」と力説していました。


このことを意識して考えるようになってから、両親、会社における人間関係が劇的に改善しました。お互いに議論し尊重し合い、納得した上で行動できる様になりました。また、治療のおかげで躁うつ病の完治、さらに35㎏の減量(体重95㎏→63㎏)も成功しました。


青柳先生、本当にありがとうございました。皆さんも、自分を見つめ直してはどうですか? 

 

※長い間、カウンセリングも利用され、1年前にご自身の意志で断薬を目的のクリニックに転院され、半年後には長年、飲用されたお薬を断薬されました。その間、メンタル部分でのサポートをさせていただきました。

 まるで人が変わったように別人になられました。

感想にもある様に、自分で考えられるようになられた事が一番でしょうか?講座は、マンツーマンでお伝えさせていただきました。

毎回、タイムリーな内容で、熱心な方でしたので職場でのコミュニケーションに即、利用されていました。

コミュニケーションは、ほとんど両親から伝わったものです。学ぶ事でスキルが高まって行きます。

 

カウンセリングを受けて・・・

HJ034_72A.jpg

 

20代 会社員 女性  Yさん2015.2.24

今まで何となく整理できずに頭の中でモヤモヤしていた事を少しずつ整理していただいたことで、これまでの自分の過去を再定義する事ができました。

今後は、過去ではなく、今を生きて行けるようになりそうです。

次は、コミュニケーションを学びたいです。

 

※全3回で、目の前に起きている事が過去からの出来事だという事に気付かれ

整理され、大きく変化されました。

カウンセリングが中心で、“否定的な思い込み”を肯定的な思考へと置き換え

過去に傷ついた感情をヒーリングする事で、大きな気づきと、その後の行動が積極的になられたようです。

 

3月から、コミュニケーション講座(マンツーマン)を受講されます。

 

 

カウンセリングを受けて・・・

DN186.JPG

20代 会社員 男性 Kさん2015.2.24

初めて、自分から前向きに行動してみようと思いました。


※来室された時には、いろんな事で不安があり、それが整理され行動につながったようです。
全2回で終了されました。