トップ>お悩み相談>コミュニケーション

コミュニケーション

言語ではない非言語のコミュニケーション

コミュニケーションスキル

 

コミュニケーションには、
 
言葉によるコミュニケーション(バーバルコミュニケーション)
言葉でないコミュニケーション(ノンバーバルコミュニケーション)
の2種類があります。
 
 
バーバルコミュニケーションは言葉通りのコミュニケーション
ノンバーバルコミュニケーションは、言葉ではない、顔の表情・姿勢・声などです。
 
 
心理研究所の実験での結果で、色んな統計があると思いますが言語による内容が伝わるのは15%~5%だとか?残りの85%~90%は言葉ではない顔の表情・姿勢・動作・声の感じだそうです。
 
 
例えば・・・
お互いの会話の中で、行動や言葉で相手に腹が立ち怒りが出たとします。
相手から怒っている?と聞かれると・・・
言葉では『怒ってないよ』といっているけれど
 
 
顔の表情や声のトーンから怒っているなーと相手はメッセージを受け取ります。 むっ
ダブルメッセージですね。
 
 
言っている事と行動が違う・・・・相手は混乱されます。 
 
という事で、お分かりになると思います。
それを繰り返されると、お相手は“疲れるなー”と・・・
ほっておくと・・・いつしか2人の関係性が壊れることにもなりかねません。
 
 
 
例えば・・・
 
うまく言えないけれど・・・あなたに『好感を持っています。』と,
こころで感じて言葉に出さなくても居心地のよさを感じることはできます。 クローバー
 
 
そして、相手にはそれが伝わります。
相手も同じように感じます。 
 
という事で、言葉で、うわべだけを取り繕ろうとしても心の状態が変わらないと相手には伝わりません。
 
怒りやイライラがある時には
『すこし、怒りの感情があります。』 や『イライラしています。』と 
伝える事で、非言語と一致するので伝わるでしょう。
 
 
ネガティブな感情を伝えると嫌われるのではなく、伝え方があります。
また、こころの奥に何か思い込みがあるかも知れません。
 
 
素直なコミュニケーションでお互いの関係性が良くなってきます。
 
 
うまくコミュニケーションが取れない事が、ダメな事ではなく
両親から学んでいません。
 
コミュニケーションスキルは、学ぶことでできるようになりますとお伝えすると安心されます。
そして、学び、職場やプライベートで人間関係が改善されます。
 
 
良質の心理学に基づいた体験型のコミュニケーションスキル講座をマンツーマンでも開催しております。
 
お気軽にご相談くださいませ。

信頼されるコミュニケーション

20178212469.jpgのサムネイル画像

コミュニケーションが苦手な方が多いようです。
 
うまく話す事がコミュニケーションだと
思っている方も多いようです。
そして、うまく話せない事で悩んでおられます。
 
 
コミュニケーションは、うまく話す事ではなく自分の伝えたい事がお相手に伝わっているか?
お相手の言いたい事を理解して聞いているか?です。
話さなければ・・・話さなければと焦る事で、実は、お相手の話が聴けていないようです。
 
 
自分の話をじっくり聴いてくれる人を人は好きになるし、好みます。
 
そして、信頼します。
 
 
自分の伝えたい事が伝わっていないとしたら・・・
アイメッセージを使ってお話してみたらいかがでしょう。
 
『わたしは・・・・・と思っている。・・・・考えている。』
そして、『あなたは、どんな風に考えているの?』
会話のキャッチボールですね。
 
 
主語が抜けている事で、言い切ったり、思い込んだ話を相手にしてみたり・・・
これでは、コミュニケーションは成り立たないかもしれません。
自分も相手も大切にする。
『言葉』が大切になってくるかもしれません。
 
 
話すのが苦手でもいいのです。
ひょっとして、聴く事が楽かもしれません。
『私は、人の話をしっかり聴いてあげたい!』 と考えられると、ちょと楽になるかも知れません。
 
 
うまく話せなくても、お相手の話をうなずきながらしっかり、お聴きになられると・・・
お相手はあなたを信頼されるでしょう。
 
 
ご自分の出来る所からやってみてはいかがでしょう。
 
不安に感じているのなら、どうしたら不安がなくなるのか?
それを考えていかれるといいでしょう。
必要な方にはお手伝いをさせて頂きます。
 
 

親から受け継いだコミュニケーション不足

ご相談で多いのが恋愛・職場での人間関係・婚活の悩みです。
 
全ての基本は、コミュニケーション不足だと思います。
 
人はある時まで、親から受け継がれた価値観やコミュニケーション力(連鎖)で
人との関係性をつくろうとします。
そして、色んな問題が起きてきます。
 
それを変えるには、受け継いだ価値観やコミュニケーション力を見直して行くことから始まります。
 
 
親から教わった事を“正しい・間違い”という判断することで、自分をジャッジ・他人をジャッジしてしまう。
その事で人との関係性が悪くなり、生きずらくなっています。
 
そして、一人で抱えすぎると・・・悩みが深くなり辛くなってきます。
 
カウンセリングにお見えになられた方でもう少しでうつになるんだったのでは?
そんな方が今までたくさんおられました。
 
 
最近は、婚活でもうまく行かなくて、うつになられる方もおられるようです。
 
 
実際に、困ったコミュニケーションをどうして行けばいい?
そんな所から、初めて行かれ
元気になって、婚活・職場での人間関係が良くなって行かれています。
 
自分らしく生きて行くためには、職場や男女間でいかにコミュニケーションスキルを高める事も重要になってくるのではないでしょうか?
 
コミュニケーション不足の方には、マンツーマンのコミュニケーション講座(心理学に基づいた良質の講座)を開催しています。
 
 
全6回  ¥60,000  
ご希望の日時をご予約いただけます。

感情のコントロールが出来ない。

感情のコントロールが出来ない

☆相手に質問されたりすると、自分が間違えていると責められているように感じイライラして怒りが出て冷静さを失ってしまう。

☆相手が話を聞かずに、すぐアドバイスをしてくると、考えを押し付けられているように感じて腹が立ち、感情のコントロールが出来なくなり大きな声を出したりする事があり、その後、自己嫌悪に陥ってしまう。

 

言いたいことが言えない。

言いたいことがあるけれど、言うと否定されそうで怖くて言えなくてつい言いたい事を飲み込んでしまう。そして、モンモンとしている気持ちがある。

相手を不快にさせているのではないかと不安になる。(対人恐怖)

対人恐怖

相手を不快にさせているのではないかと不安になる。(対人恐怖)
自分をつまらない、価値の無い人間だと思い込み、社会や人々とのかかわり合いを避けようとしたり、相手の気分を悪くさせてしまうのではないかとか、ひどく迷惑をかけてしまうのではないかと悩むあまり、不安でしょうが無くなって人と接触できなくなる。
全く知らない人より、少しは知っている人と1対1で接する時に、その場から逃げてしまいたくなる。