トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>苦手意識のある人とのコムにケーションの取り方
青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ

苦手意識のある人とのコムにケーションの取り方

202051912321.jpgのサムネイル画像

 

プライベートで苦手な人とコミュニケーションを取る場合には、
 
まず、その方とこれからどういう関係性を続けていくかで決まりますね。
 
 
 良い関係性を築いて行きたい場合には、方法はありますが・・・
 
別に関係性を続けていく必要がない場合には、距離を取っていくことで解決すると思います。
 
 
 
 
 
 その場合、付き合いをやめると友達がいなくなるから、本当は嫌だけど関係を続けていく・・・・
すると、自分自身の心に嘘をつくことで、心がバランスをくずしていしまいモヤモヤした状態がっころの奥に残ると思います。
 
 
 
 
職場での人間関係は、自分では選べない関係ですね。苦手な人に対しては、コミュニケーションを取るのが苦痛であったり、怖かったりします。
 
 
 
 
そんな時には、コミュニケーションを取る前から苦手意識があり距離を取りたくなると思います。
ノンバーバル(非言語コミュニケーション)は、その人の顔をみて話すこともなく話もちゃんと聞いていません。頭の中でほかの事を考えている事で聴くことに集中できていません。
そして、こころが閉じています。(波動が低くなっています)表情も硬くなりますね。
 
 
 
 
では、好きな方と話している時には、いかがでしょう?
ハートが開いていませんか?
お相手を受け入れています。
表情も笑顔で楽しそうです。
 
 
苦手な方とコミュニケーションを取っている時には、ハートが閉じていますのでお相手もあなたと同じようにハートが閉じていますので、一緒にいる事に違和感や居心地の悪さを感じます。
 
 
 
 
苦手な人に対して、こころを開くという事は難しいですね。
 
 
 
そんな時には、リコネクティブ・ヒーリングは、高周波ですので受ける事で宇宙のエネルギーと自分と繋がる事で波動が高くなります。
 
 
 
その人に必要なところから調っていきます。
必要なところって人間関係かなと思います。
ご自分の波動が高くなることで、気が付くとハートが開いているようです。
 
 
 
 
すると、苦手だった人に対してハートが開くことでリラックスして話をしやすくなります。
みなさん、理由はわからないけれど気にならなくなったとおっしゃいます。
 
 
 
 
だから、表情も変わられたり、周波数を受信している事で電車の中や歩いている時に道をきかれたり、声をかけられたりすることが多くなります。
 
 
 
エネルギーが変わっているので、同じ周波数の人を引き寄せたり、気が付くと同じ考えの人が増えてきています。不思議ですが、エネルギーは見えませんが人はキャッチしているのですね。
 
 
ことわざで、以心伝心というのがありますね。
伝わっています。(相手が悪いという事ではなく、自分の発信している周波数と共鳴しているだけです。)出来事と人を引き寄せます。
 
 
自分の心ってとても大切です。
心を調えている事で、シンクロも多くなりますね。
楽な自分で生きる事で、幸せがひろがってきます。
 
 
どんなにコミュニケーションスキルを高めても、心が開いていないとうまく行きません。
こころをオープンにしてコミュニケーションを行ってみてください。
 
一人一人がご自分を生きて行かれますように・・・
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.aoitori-room.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1519