トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2020年6月

2020年6月

感情を感じてあげる事は、自分を大切に扱っている事です。

感情を感じる事が出来ていますか?
感じる事と出す事は違います。
感情は、喜怒哀楽です。
 
2020625125914.jpg
 
 
ポジティブな感情は、OK だけど、
ネガティブ(怒り、悲しみ)な感情は、感じていけない、無かった事にして抑圧したり、早く切り替えようとする。(感情を無視)
 
これは、自分を大切に出来ていない行動です。
自分の感情を大切に出来ていないと、他人の感情も大切に扱えません。
人間関係もうまく行かないです。
 
 
感情に、良い悪いはありません。
考えた事に対して沸き上がってきます。
 
感情を感じて、沸き上がっている感情に気づいてあげる事で、開放できます。
そして、自分自身の心と身体のバランスが調います。
ある方は夫婦喧嘩が少なくなった。
穏やかになってきた。落ち込んでも、回復が早い!
直感、閃きが多くなったそうです。
少しずつ、本来のご自分を取り戻しておられます。
 
 
本来の自分(本質と繋がっている)ハイヤーセルフと繋がっている
☆心地よい時
☆惹かれる
☆しっくり、すっきり
☆楽しい
☆腑に落ちる
☆ワクワクする
☆喜びを感じる
以上の様な感覚がある時です。

 
必要か必要でないかは、自分にとって役に立っているか?そうでないかです。
ない時には、見つめて不必要な思考(価値観)を手放されるといいでしょう。
 
 
その前に、感情を解放してくださいね。

ご希望の方には、お手伝いをさせていただきます。

恋愛:リコネクティブヒーリングを受けて流れが変わりました。

失恋からカウンセリングを受けにこられた方がゲシュタルトセラピーを受けられました。
 
そして…………
何故、失恋したか?
お母様との関係から、
✳️「相手に自分の気持ちを伝えられていない」
✳️自分の事を大切にしていない。
✳️恋愛ではなく、結婚したい。
 
以上の事が分かり、その後、リコネクティブヒーリングをお受けになられ、
自分の気持ちを大切にご自分の意思を伝える事が出来るようになられました。
 
その後、ご自分に相応しい方とご縁があり、
全てがスムーズにながれ両家の親御さんからも無事に受け入れてもらい先月末に入籍をされたとの事です。

風が私に吹いてきたみたいです。
 
期待を外して受けられたリコネクティブヒーリングが、その方の一番、必要な所で調われたのですね。
 
"末長くお幸せに

人間関係:ゲシュタルトセラピーを取り入れています・

[ゲシュタルトセラピー]
 
職場での人間関係に悩んでおられた方にゲシュタルトセラピーで
お相手との関係性を感じてもらいました。
 
2つの椅子を使い、相手と自分の椅子を行ったり来たりして感じたことを話される事で自分自身の事が客観的に見えてきます。
 
すると、自分自身の勝手な思い込みに気づかれました。
 
その後、瞑想をしていただくと
頭がぼ~とされ、思考がクリアになり、
 
心が調いお相手に対するイメージが変わられました。
 
 
人間関係は、自分自身の中で『あ~でもない。こ~でもない!』と考えて頭の中が一杯いっぱいになっています。
 
心が調い冷静に見える事でお相手との関係もわかってきます。
 
カウンセリングの中にゲシュタルトセラピーも取り入れています。

 

人間関係 価値観が違ってもよい関係は作れます。

2020641480.jpg

 

カウンセリングを行っていると
相談者が他人との価値観の相違で悩まれることがあります。
 
根本は人間関係の悩みです。
自分を変えたいと思って、
本を読み、セミナーに参加してみた結果・・・
「~しなければならない!」
「正しい、間違い」
やってみるけるど出来ない。
 

そして、益々、焦りと落ち込みの堂々巡り
ご自分を否定し、他人に合わせようとしておられます。
苦しいですね。
 
 
本やセミナーは、著者や主催者の考え方、価値観が全ての人に当てはまるのではありません。
 
ご自分として、そのお相手とどういう関係を築いていきたいのか?
重要になってきます。
 
職場での選べない人間関係と
プライベートの選べる関係は違います。
 
其々の立場に置いて、冷静に見つめていく事で、価値観が違っても良い関係性を築いていく事は可能です。
そして、其々の持ち味を生かし、旨くやっていく事も可能です。
 
 
価値観が違うという事を理解し、どちらかに合わせようとしない。
そうする事で自分を否定することなく、相手の価値観も尊重しながら
関係性を築いていけます。
 
自分を否定せずに生きて行きたいです。
どうしても、否定して苦しい方はご相談下さいませ。
 
 心に寄り添って、ありのままの自分になるお手伝いをしています。