トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>人間関係で感動的なゲシュタルトセラピー
青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ

人間関係で感動的なゲシュタルトセラピー

201933120362.JPGのサムネイル画像

 

クライエントさんのご希望でゲシュタルトセラピーを提供させていただきました。
 
ありのままの自分を出すと、母親に見捨てられるようで恐いというご相談でした。
 
 
 
個人情報のため詳しい内容については伏せておきます。
 
 
 
ゲシュタルトセラピーは、お座布団を使って自分と相手と向き合っていただきます。そして、過去の未完了の感情処理をして完了します。
 
それには、自分と相手の座布団を行ったり来たりして、感じている事や感情を出していただきます。
 
 
 
その方の中に残っている未完了の感情が“今、ここ”での対人関係に出てきている事があります。
 
 
 
行ったり来たりする事で、自分の事や相手の事、を身体で理解されるようになられます。
 
自分の事と相手のことを客観的に見る事ができるからでしょう。
 
 
 
カウンセラーは、クライエントさんがスムーズに演じられるように
 
邪魔にならないようにリードします。
 
 
 
クライエントさんは、結果、自分が甘えるという事を知らなかった。
 
どうしたら、いいかという事がゲシュタルトセラピーの中で具体的に分かられたようです。
 
 
 
お母様との間の距離感や必要な時には頼ってもいい。
 
ネガティブな感情を出しても見捨てられないという事を身体を通して学ばれたようです。
 
 
 
終了後は、クライエントさんのお母さんに対するイメージが変わられていました。
 
 
いつも感動的な場面です。
 
 
こられた時、問題と思っていたいくつもの事が一変で問題ないと解決されたようです。
 
 
あるがまま、ありのままの自分を出して生きる事はとても楽です。
 
 
ただ、簡単に受け入れられない方もおられます。
 
 
そんな方には、ゲシュタルトセラピー は効果的です。
 
興味がある方は、ご相談下さいませ。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.aoitori-room.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1467