トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2019年7月

2019年7月

思考の手放しと瞑想を行う事で楽な自分になるのを実感しています。

201894212852.jpgのサムネイル画像

 

人は、常に何かを考えています。
※良くなるために!
※ミスを起こしたことで、いつまでも反省する。
 
特に、自己肯定感が低いと、自分を責めて・・・・・益々、自信がなくなる。
『あ~でもない、こ~でもない!』と考え始めると、頭の中がグルグルして、
混乱して落ち込む方もおられるかも知れません。
 
 
カウンセリングに来られる方は、今まで自分で何でも考えて解決した方が多いです。
でも、ある時、それが出来なくなり、どうしていいか分からなくなられた時
勇気をもってカウンセリングに来られます。
 
 
殆どの方は、考えすぎの方が多い様です。
 
考えていけないのでなく、余計な事を考えすぎる事で、
必要な『今、ここ』で集中して考えられなくなっておられます。
 
 
例えば、プライベートや過去の事を思い出して、そこにエネルギーを使う事で、お仕事に影響が出てこられると思います。
 
 
考えすぎの方は、そのかたの思考の癖です。
 
頭の中が一杯一杯になっている時に、頭をクリアにする方法をカウンセリングで行い、それを付透けて頂いています。
 
 
その事でいただいた感想です。
クライエントさんから、教えて頂いた思考の手放しと瞑想を続けている事で楽な自分になるのを実感できていますとメールをいただきました。
 
 
 
やはり、何事も日々練習する事で変化が出てきますね。
 
 
 
私も、今、英会話の勉強(ヒーリング)を毎日、少しずつ楽しんでいます。
 
 
 
苦手意識も乗り越えるのでなく、楽しんで行う事ができます。
 
先日の、お茶会の時に、お二人の方が、苦手意識を手ばなし、『やってみたい!』というように意識が変わられました。
 
 
 
 
全ては、その出来事や人に対して、どんな風に受け止めているか?
 
ご自分の見方が変わる事で、変容していきます。

問題、悩みは脳が創り出しています。

2019712113019.jpg

 

考えて(脳・思考)問題、悩みが起きてきます。

思考がいけないのではなく、マイナスな事を考える事で頭が一杯一杯になっていると不安が出てきたりして中々、頭の中(思考)を手放す事が出来ないと思います。

その時、頭の中の思考がクリアになると、不安も無くなります。

 
その方にとって、その思考を持っている事で前に勧めないとしたら、内面を見つめたうえで行います。
 
 
 
ただ、思考や思いこみは、本来自分が持っていたものではなく過去、親や先生や本やマスコミから取り入れてしまったものかもしれません。
 
 
 
 
正しいのは、何かと常に考えてきた方にとっては、その事で自分を周りを分析したり、ジャッジしたりして人と争う事になります。
 
 
 
正しいといういう事は、人の数ほどあると思います。
 
自分を相手を尊重する事で、相手の事を理解できることもたくさんあると思います。
 
 
 
という事で、自分にとってエゴだったり、自己肯定感が低くなる(~~ねばならない)という思考は、悲しみや怒りが心の奥にあります。(ネガティブな感情)
 
 
 
思考からくる感情は手放した方がいいでしょう。
 
一人で行う事は、難しいかも知れません。
 
カウンセリングでは、リラックスした中で対話を通してご自分の中で納得して手放しておられます。
 
 
 
手放して考えがシンプルになる事で、問題が起きてきません。
 
問題は、自分自身の思考から起きてきています。

人間関係で感動的なゲシュタルトセラピー

201933120362.JPGのサムネイル画像

 

クライエントさんのご希望でゲシュタルトセラピーを提供させていただきました。
 
ありのままの自分を出すと、母親に見捨てられるようで恐いというご相談でした。
 
 
 
個人情報のため詳しい内容については伏せておきます。
 
 
 
ゲシュタルトセラピーは、お座布団を使って自分と相手と向き合っていただきます。そして、過去の未完了の感情処理をして完了します。
 
それには、自分と相手の座布団を行ったり来たりして、感じている事や感情を出していただきます。
 
 
 
その方の中に残っている未完了の感情が“今、ここ”での対人関係に出てきている事があります。
 
 
 
行ったり来たりする事で、自分の事や相手の事、を身体で理解されるようになられます。
 
自分の事と相手のことを客観的に見る事ができるからでしょう。
 
 
 
カウンセラーは、クライエントさんがスムーズに演じられるように
 
邪魔にならないようにリードします。
 
 
 
クライエントさんは、結果、自分が甘えるという事を知らなかった。
 
どうしたら、いいかという事がゲシュタルトセラピーの中で具体的に分かられたようです。
 
 
 
お母様との間の距離感や必要な時には頼ってもいい。
 
ネガティブな感情を出しても見捨てられないという事を身体を通して学ばれたようです。
 
 
 
終了後は、クライエントさんのお母さんに対するイメージが変わられていました。
 
 
いつも感動的な場面です。
 
 
こられた時、問題と思っていたいくつもの事が一変で問題ないと解決されたようです。
 
 
あるがまま、ありのままの自分を出して生きる事はとても楽です。
 
 
ただ、簡単に受け入れられない方もおられます。
 
 
そんな方には、ゲシュタルトセラピー は効果的です。
 
興味がある方は、ご相談下さいませ。 

思考と本音(感情)が一致して答えがでるゲシュタルトセラピーは、

 

大事な事を決めるのにどうしていいか分からない
 
TVでゲシュタルト療法をご覧になられ
 
カウンセリングは敷居が高いけれど
 
ゲシュタルト療法なら体験してみたいという方の
 
ご予約が増えてきています。
 
 
 
 
 
人は、思考と本音が同じだと悩みません。
 
 
 
が・・・
 
例えば、友人に合コンに誘われた。
 
何も考えずに、軽く返事をした。(思考)
 
しばらくしたら、参加するのが嫌になってきた。『何で断らなかったのだろう』(本音)
 
 
 
 
 
このように思考と本音が違うと悩んでしまい。
 
どうしよう、今更、断れない・・・でも行きたくない。
 
断ると、友人に悪いし嫌われるかも知れない・・・
 
 
 
あ~でもない、こ~でもないと考えて人によっては落ち込む方がおられます。
 
 
 
 
こんな時、2つの椅子を使用し(思考と本音)を行ったり来たりして考え、その考えに対して
 
感じて本音をいう。たかが椅子ですが、その椅子にはエネルギーを感じます。
 
座った感じがそれぞれで違います。
 
 
 
 
 
ゲシュタルトセラピー(療法)は、はっきりと答えを出してくれます。
 
自分の中に答えがありますので、どうしたら良いという事も見えてきます。
 
 
 
体験した方で・・・
 
☆自分が彼に対して何故、怒りが出てぶつけてしまうのかが腑に落ちた。
 
☆過去にいじめに合ったのは、自分が悪いと思っていたけれど、本当は傷ついていた。
 
☆結婚に対して、この人で良いのかどうかを考えて悩んでいたが、答えがでた。
 
☆失恋して、相手がなぜ、引きずっているのか分からなかったけれど、自分にも原因がある事がわかった。同じ恋愛を繰り返していた。
 
☆相手に言いたい事があるけれど、言えなかった事の原因が分かってスッキリした。
 
☆過去の母親に対して向き合う。(大きな気づき) 
 
 
 
 
 
体験されて皆さん驚かれます。
 
 
 
 
 
安心安全の場で、初対面ですが私に対して信頼関係を持たれるためにすぐに、体験されます。
 
ある方は、怒りを感じて・・・そのエネルギーを身体から放出された時
 
大笑いされ『ばかみたい!』と言われすっきりされました。
 
 
 
長い間、ゲシュタルトセラピーを提供させていただきましたが、まさに、ご自分から体験したいと予約される方は、気づきが大きいです。
 
その後、ご自分のテーマーがでてきますので、インナーブランディング(こころを調える)でその方が必要な事を得ていかれる様にサポートさせていただいています。
 
 
 
体験してみてわかる。
 
みなさんTVで見たのとは全然違う。
 
面白いですという感想です。
 
 
 
ゲシュタルトセラピーは、『百聞は一見に如かず』自分の事が良く分かるようになります。
 
気づきがとても大きいです。
 
 
 
気づく事で人は成長します。

人は意識が変わると視える世界が変わってきます。

2019218113148.jpgのサムネイル画像

 

人は、意識が変わると、視ている景色が今までとは違ってきます。
 
その事を、言葉に現す事が出来ません。
思考ではなく感覚だからです。
 
その感覚をしっかり、味わうといいと思います。
 
 
先日、リコネクティブヒーリングを受けられた方が、同じ事を話されました。
 
それが、インスピレーションとして伝わっていたのでしょうか?
私は、クライエントさんを心底受容していました。
 
 
 
 
昨日、目に入った色とりどりの花壇のお花をみて、ワクワクしてきました。
 
 
さて、もどって・・・・・・
 
人が、変容していくって、そういう事なのでしょうか⁉️
 
私、個人的には、苦手意識を手放した訳ではないけれどある苦手意識が無くなりました。
 
そして、今、不思議な体験をしています。
 
 
 
苦手意識は、克服するものではなく、苦手意識に向き合う事で苦手意識ではなく、できるようになりたい事なのです。
 
 
 
苦手意識として思いこんでいる事で、乗り越えるというような言葉が出て来て・・・・・
 
『あ~無理、出来ない!』と納得してさらに苦手意識にしています。
 
 
 
克服ではなく、楽しめる方法が見つかりました。
 
 
 
一人一人がご自分の存在を認めて、自由に自分を生きて頂きたいです。
 
それを応援しています。お気軽にご相談くださいませ。