トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2019年6月

2019年6月

考えがシンプルになる事で人間関係・問題は起きなくなります。

201832212759.jpgのサムネイル画像

 

人は、常に何かを考えているのではないでしょうか?
 
特に、目的や目標を持つと、早く何とかしよう。やうまくやる為には?
 
失敗した事に対して反省する。
 
 
 
考えますが・・・・・気が付くと、考え過ぎている事にも気が付きません。
 
すると、ほとんどが不安をベースにするとマイナスに考えてしまうのではないでしょうか?
 
そして、頭の中が一杯一杯になってストレスを感じてエネルギーが落ちてしまう。
 
 
 
 
 
人によっては、考えすぎが、思考の癖になっている方もおられます。
 
 
 
そんな時には、『考えている思考』を手放して、クリアにする。
 
すると、クリアになる事で考えや意識が変容され・・・・
 
無意識からのご自分の答えを導き出されます。
 
 
 
 
 
最近、クライエントさんの考えが変容される場を身近で見させていただいています。
 
 
 
『こころを調えるエクササイズ』として、カウンセリングで提供させて頂いたり、『青い鳥カフェ』でも体験していただき、好評を得ています。
 
 
 
次回『青い鳥カフェ』は7月13日(土)です。
 
改めて、ご案内させていただきます。
 
 
 
シンプルに考えていく事で人間関係・問題は起きてこなくなります。
 
問題は、自分自身が作り出しています。

人間関係では、ストレスにならない関係性をつくる。

2016223164845.jpgのサムネイル画像

 

【人間関係について】
 
 
 
☆あの人と会うと、〝イライラ”する。
☆ほんとは嫌だけど誘われて断るのが面倒くさいから会う。
☆一方的に自分の話(ぐち、悪口、自慢話)をされて、こちらの事を気遣ってくれない。
☆メール、Line が頻繁にきて、早く返事を出さないとさらに面倒くさいメールがくる。
 
 などなど・・・
 
 
 
 心の中では、面倒くさいと思っているのに感じていないために・・・
また、断ったら嫌われるかも知れないから、そのまま、関係を続けてストレスを感じる。
 
 
知人から似たようなことを相談されました。
 
 
面倒くさい・・・そのまま、関係性(距離が近い)を続けていると
おかしな行動をしています。
 
 
☆例えば、言い訳したり、会わないように避ける・・・
 
☆相手もそのエネルギーを感じて、おかしいと思って態度にでる。
 
☆それをみて、相手の態度がおかしくなったと思って悩む。
 
 
そして、知人の面倒くさい人だけど、嫌われたくないから良い人を演じてしまう。
 
 
そうする事で、自分をだましてまで相手に合わせようとするから
自分を責めて、相手の事を嫌いになってしまいます。
 
 
その人のどんな処が面倒くさいのか?
考えてもらったら、明確になりました。
 
 
 
面倒くさいと思って付き合うから、嫌な思いをして、モヤモヤしている事に気が付きました。
その人を友達と思っていたけど、友達ではなくちょっと、距離感をもって冷静に見ればいいかもね。
 
 
 
面倒くさい人とお付き合いして不満に感じていると、面倒くさい事を引き寄せてしまいます。
 
 
 
友達だからと、長年続けているからやめるわけにはいかない。
しょうがないから付き合うと思っている方が多いようです。
 
 
 
お付き合いを止める事は悪い事ではありません。
 
 
 
自分のこころを気持ちよく保っておくことは、必要です。
そのためには、嫌なことを止めるです。
 
 
 
すると、気持ちよい関係の人とのご縁が広がって行きます。
 
 
 
相手の面倒くさいのを責めるより、自分が面倒くさい事をやっている事に気づかれるとスッキリされると思います。
 
 
 
知人の、すべて自分だね。
気が付いてよかった。スッキリした!
自分のこころを大切にするわ。
 
 
苦手な人から嫌われたくないより、
苦手な人とはストレスにならない付き合い方をされてはいかがでしょう。
 
 

ゲシュタルトセラピーで分かった事。

20161227123052.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

ところで、一生懸命頑張っているのに、認めてもらえなくて悲しかったり、腹がたってイライラする事ってありませんか?
 
 
あるクライエントさんですが、親に認めて貰えない事で、相手の気持ちを考えすぎて上手くコミュニケーションが取れませんでした。
 
 
カウンセリングで、2つの椅子を使ったゲシュタルトセラピーで親子の関係性を客観的に眺められたとき…………
 
 
それは、かって母親と祖母との関係が、今は、クライエントさんと母親とのコミュニケーションの取り方と同じだった事に気付かれました。
 
母親も祖母に認めて貰えなくて辛かった。母親は、認めるという事を学べなかった。だから、私を認める事が出来なかった❗
 
 
その事に気づかれたとき、涙を流されました。私と同じだった。
 
そして、母に認めてと期待しても自分が考えていることばで認めて貰う事は得られないという事が分かられた時、他者承認を手離されました。
 
 
今後は、あるがままの自分を認めるためのカウンセリングで、自分が辛くなるような思考(価値観、考え方)の見直しをする事になりました。
 
 
これは、自分が楽になるように、どんな自分でも「今はOK!」にする事で自分に優しくなれます。
 
 
優しいこころで存在していると、周りの人にも優しく接する事が出来ます。
 
 
自分を後回しにして、人に優しくしても心は満たされません。
 
まず、ご自分の感情を大切にご自分に優しくなってください。