トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2019年4月

2019年4月

感情のコントロールが出来ない。

2019425181559.jpg

 

イライラは、自分の“思い込み”から来ています。
 
感情のコントロールができないというご相談を受ける事が多いです。
 
 
 
自分で思い込みを変えるという事は、とても難しいですね。
 
 
 
“思い込み”がいけないのではなく
 
ある出来事を境に、学び自分を守る為の“思い込み”でした。
 
 
 
”思い込み”がある事で、人間関係がうまく行かないなら改善する手立てがあります。
対話をして行く中で、思い込みが外れる方が多いです。
 
 
認めたうえで、次に改善する事は可能です。
 
 
 
“思い込み”が外れる事で、人の話にいちいち反応する事がないので、結果、感情のコントロールが出来るようになります。
 
 
 
感情をコントロールできない事は、恥ずかしいと思っている方も多いようですが
 
一人で悩まずに、お気軽にご相談下さいませ。

リコネクティブヒーリングで成功体験を感じた。

2017719215218.jpgのサムネイル画像

 

【ヒーリングは、調和と一体性を通して起こる。】
 
正しい、間違っている、善だ、悪だという風な判断は、分離を引き起こす】
 
 
感じて、観察して、遊んで、そして気づこう。
判断することなしに。
 
書籍 リコネクション ソロモン スピークス
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
1年前の記事から(2018/04/23)
 
(同じことが起きています。)本日、明日リコネクティブ・ヒーリングのご予約を頂いています。
 
2日間、続けてリコネクティブヒーリングをさせて頂きました。
 
お一人は、結婚相手に対して“この人でいいの?”と迷いがおありでした。
 
カウンセリングで、こころが調い、その後リコネクティブヒーリングをお受けになられました。
 
すると、終了後、迷いがなくなりました。
 
一番必要なところが調ったのですね。
 
 
 
 
 
『この人と結婚して幸せな家庭を作ります。』
 
 
 
もう一人の方は、考えすぎて頭が一杯いっぱいになりどうしようもなくカウンセリングに来られました。
 
責任を取るのが怖い! 取りたくない。
 
 
 
お仕事をして行く上で責任を取りたくないという事では、致命的です。
 
ご自分でもわかっておられ、どうしても、譲れない所でとても恐怖を感じておられました。
 
 
なぜ、そうなのか?  
 
過去の出来事から、何回も同じことがあり『責任を取るのが怖い!』という思いこみが強固になっていました。(トラウマ)
 
ご自分の頭では、終わった事だと認識されていましたが、その時身体で感じた感情や感覚(エネルギー)が残って現在までハウリングを起こしておられました。
 
 
 
まず、トラウマを解消し、自分にとって役に立っていない思いこみを有意義なものへと書き換えました。すると、とても楽になられましたので、心の癖、考えすぎがあるのでリコネクティブヒーリングを提案させていただきました。
 
 
 
リコネクティブヒーリングが終了した時、頭がボ~トして脳が覚醒したみたいです。
 
心地よかったです。
 
色んな事がでてきたけれど、考えを深める(癖)という事にはならなかった。ただ、眺めているでシンプルに終了していった。
 
 
 
 
 
『こんな風にすると、悩まなくてスムーズに行くんだ!』
成功体験を味わったようです。
 
 
とても心強いお声で話されました。
 
3日前に落ち込んで、かなり心のバランスが崩れ、お仕事を休み、恐怖を感じていた人とは思えませんでした。
 
 
 
最近、リコネクティブヒーリングをお受けになられる方の結果が早くて驚いています。
 
まさに・・・
 
【ヒーリングは、調和と一体性を通して起こる。
 
正しい、間違っている、善だ、悪だという風な判断は、分離を引き起こす】
 
 
プラクティショナーとして、心を調えて媒体としてやらせていただくのみでしょうか?
 
 
ヒーリングを終了された方が、日々、ご自分を観察して気づいていかれる事で人生が進化して行かれます。リコネクティブヒーリングは、人生を進化させるヒーリングです。
 
 
 
 
 
 

人間関係 あなたはあなたのままでいい。

2015116123645.jpgのサムネイル画像

 

人間関係で悩まれている方の中で
 
周りの人の事が気になり・・・
 
『良く思われたい!』 『嫌われたくない!』として、
相手の意見に合わせて自分の意見を言わないという方が多いです。
 
 
また、自分の価値観から、黙っていられなくて
 
『つい、おせっかいをする』
 
 
自己満足でしょうか?
 
 
どちらも、人間関係をこじらせてしまいます。
 
 
相手に、素直に自分の気持ちを伝える。(コミュニケーションスキルが必要)
 
相手におせっかいをしたくなる。
 (相手が迷惑しているかも知れない事を感じていない)
 
どちらも、こころの奥に・・・
 
 
『私はいい人!』を演じておられるかも知れません。
 
だから、いつも人の事が気になり
自分の事は、おろそかになり周りに必要以上に気を遣い
 
 
“ストレス”を感じておられるようです。
 
 
どんなに頑張っても、皆から
“好かれる事はないし”
また、他人は“簡単に嫌う事もありません”
 
 
ひょっとして、“好かれたい”と一生懸命頑張っていることが
実は、“嫌われる事”になっているかも知れません。
 
人間関係を良くしたいと思うなら・・・
飾らないあなたでいる事です。
 
ありのままの自分を出せる事
すでに“魅力的”です。
 
あなたは、あなたのままで良いんです。
 

ストレスはカウンセリングが効果的です。

ストレスを溜め込んでいませんか?
 
人は、ストレスが溜まると、忘れるために
 
何かに没頭する事があります。
 
 
 
スポーツやアルコール・衝動買い・食欲・性欲で満たそうとする方もおられるかも知れません。
 
ストレス解消がいけないのではなく・・・
 
一時的な解消方法では、根本的に変わりません。
 
20161227123052.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
 
 
何に、どんな事にストレスを感じているのか?
 
見つめる必要があります。
 
職場の人間関係やお仕事などに対しての受け止め方が変わる事でストレスも少なくなります。
 
 
 
 
 
職場の人間関係は、ほっといて変わる事はありません。
 
お仕事に対する考え方、受け止め方が変わらないと何も変わりません。
 
溜め込んだストレスは、どんどん膨らんで体調を悪くしてしまいます。
 
人によっては、うつ症状を発症するかもしれません。
 
 
 
 
 
特に、良い人であろうとしたり期待に応えなければと真面目に考えて無理をしている事で、アップアップしますね。
 
 
 
 
 
一時的なストレスの解消をしても変わらない時には、早めにカウンセリングにいらっしゃって下さい。
 
物事に対する、受け止め方、考え方を見直す事でストレスは軽減していきます。
 
一人で抱えて問題を大きくしないでくださいね。
 
 
 
 
 
どんな事でもご相談に応じています。
 
 

ゲシュタルトセラピーで心が調う

ご自分で自己洞察されるのはいいのですが・・・』
 
ある出来事に対しての本音と建て前を考えすぎて不安になる事はありませんか?
 
 
 
あるご相談者様です。
 
カウンセリングに来られ、本音と建て前を考えて分からなくなられたそうです。
 
 
 
 
 
ゲシュタルトセラピーで2つの椅子を使って、自分自身の物事に対しての建て前(~ねばならない)本音(~したくない)のやり取り(2つの椅子を行ったり来たりして)建て前の椅子では
 
思考での(~ねばならない)を話し、その事について本音の椅子にすわりどんな風に感じているかを建て前の自分に言い、その本音の思いに対して、建て前は反論する~
 
やり取りをする事で、本音と建前が統合されてスッキリされました。
 
 
 
スッキリは、同じ答えでした(テーマー)でした。
 
 
 
そのテーマーに基づいて・・・
 
どうしたらいい?を考える中に、過去の大きなトラウマがみつかりました。
 
そのトラウマを解消するとこんどは、行動を止めているマイナスの思いこみがありました。
 
 
 
 
 
その思い込みを行動できる思いこみに置き換え、イメージした行動をじっくり感じてみたら、突然、前向きな考えが出てきました。
 
 
 
 そして・・・
 
言い訳や逃げている場合ではない。『やります!』と宣言されました。 
 
 
 
次回、リコネクティブヒーリングを予約して帰られました。
 
 
 
頭の中がゴチャゴチャして不安で一杯だったようです。
 
 
 
考えすぎてしまう方の特徴です。
 
一人で自己洞察されて深みにはまり自分ではどうしていいか分からなくなったから、4年ぶりに来ましたと
 
 
 
今回は、根本(自分の癖)を治したいとの事でカウンセリング終了後、リコネくティブヒーリングを提案させていただきました。
 
 
 
いらっしゃる前にスマホのメモに
 
ネガティブな事を書かれていたようです。終了後に、それをご覧になられたら「可哀想すぎます」
 
ご自分の見方が変わられたようでした。
 
 
 
帰られる時には、前向きな気持ちが出た事に対して喜んでおられました。
 
 
 
一人で考えて問題が大きくなることがあります。
 
その時は、ご遠慮なくご相談くださいね。

カウンセリングでコミュニケーションスキルが高まる。

2016223164845.jpg

 

コミュニケーションがうまく行かないという事でカウンセリングに来られます。
コミュニケーションが苦手な方が多いようです。
 
 
うまく話す事がコミュニケーションだと思っている方も多いようです。
 
そして、うまく話せない事で悩んでおられます。
 
 
 
コミュニケーションは、うまく話す事ではなく自分の伝えたい事がお相手に伝わっているか?
 
お相手の言いたい事を理解して聞いているか?です。
 
 
 
話さなければ・・・話さなければと焦る事で、実は、お相手の話が聴けていないようです。
 
 
 
お話が聞けていないから、益々、話せなくなっておられます。
 
 
 
人は、自分の話をじっくり聴いてくれる人を人は好きになるし、好みます。
そして、信頼します。
 
 
 
自分の伝えたい事が伝わっていないとしたら・・・
アイメッセージを使ってお話してみたらいかがでしょう。
 
 
『わたしは、・・・・・・と思っている。・・・・考えている。』
そして、『あなたは、どんな風に考えているの?』
 
 
 
会話のキャッチボールですね。
 
 
主語が抜けている事で、言い切ったり、思い込んだ話を相手にしてみたり・・・
これでは、コミュニケーションは成り立たないかもしれません。
 
 
 
自分も相手も大切にする。
『言葉』が大切になってくるかもしれません。
 
 
 
話すのが苦手でもいいのです。
ひょっとして、聴く事が楽かもしれません。
 
 
 
『私は、人の話をしっかり聴いてあげたい!』 と考えられると、ちょと楽になるかも知れません。
 
 
 
うまく話せなくても、お相手の話をうなずきながらしっかり、お聴きになられると・・・
 
お相手はあなたを信頼されるでしょう。
 
 
コミュニケーションがうまく行かない方で、カウンセリングでうまく話せないからと不安に感じている方もおられるかも知れませんが、大丈夫です。
 
 
殆どの方が、リラックスして話しやすかった。
来てよかったと言っていただいています。
 
 
お気軽にご相談くださいね。