トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2018年7月

2018年7月

対人関係について(認めてもらえないと不安になる)

2015730104453.jpgのサムネイル画像

 

家族やお付き合いをしている方との対人関係で悩んでいる方も多いです。

 

自分の考えを分かってもらえない。

”本当に愛してくれているのだろうか?”

 

色んな雑念(幻想を作くる)が気になり、考えすぎて不安になってしまう。

そんな時には、自分と繋がっていません。

 

心の奥に、自分に対して自信がないかも知れません。

人に認めてもらう事で存在価値があると思っていると、

周りを気にしていつまでたっても安心どころか不安が無くなる事はありません。

 

小さい頃から、相手を優先して、相手が喜んでくれたら、嬉しい幸せだと勘違いされていたのかも知れません。

本当の幸せは、自分が楽しむ事、喜ぶ事・・・

その喜んでいる姿をみて、お相手は、一緒にいる事が楽しくなります。

 

自分の事より、相手の事を優先してこられた方は、分かっていても考え方を変える事は出来にかも知れません。

どうぞ、安心してご相談くださいね。

 

 

人間関係の悩み

2015821112935.jpgのサムネイル画像

 

職場での人間関係が上手くいかないと悩んでいた方が、
カウセリングを受けられて分かった事は、忙しい時に、人に頼めなかった事でした。
 
今まで一人で頑張って認められてきた。
 
その方法しか分からなかった。
 
 
忙しい時には、人に頼んでも良い。
それには、上手く頼む言い方がある。
 
 
私は、コミュニケーションが上手く出来ません・・・
 
その様に仰る方が多いです。
 
出来ないんじゃなくて、学べなかっただけです。
これから学べば良いんです。
 
 
すると、ほとんどの方が少し楽になりました。
そして、コミュニケーション講座を学ばれます。
 
コミュニケーションは、じぶんの言いたい事を言えれば良いのではありません。
 
自分の伝えたい事が相手にどう伝わってるか?
相手の伝えたい事が自分に伝わっているか?
 
相手に分かって貰うには、自分の思っている事をつたえる。(コミュニケーションスキルが必要)
 
講座で学ばれる事は、(良質の心理学に基づいた内容)殆どの方が、初めてなので驚かれ納得されます。
 
即、実行できますので職場での人間関係が改善され変わってこられています。
 
 
現在、学ばれている方は、彼を理解し関係性を良くしたい!
そちらの方も同時に上手くいきそうだと喜んでおられます。
 
 
最後に残るのは人間関係ですね。
それの、基になるのがコミュニケーションスキルです。
 
コミュニケーションが上手く取れる事で輝いて行かれます。
 
世の中、コミュニケーションが上手くとれたら、ストレスも少なく自分の能力も発揮できるのでしょうか?
 
大切な人とのコミュニケーションは、上手く取れていますか?

コミュニケーションで悩む

2015925224933.jpgのサムネイル画像

 

コミュニケーションには、
 
言葉によるコミュニケーション(バーバルコミュニケーション)
 
言葉でないコミュニケーション(ノンバーバルコミュニケーション)
 
の2種類があります。
 
 
 
バーバルコミュニケーションは言葉通りのコミュニケーション
 
ノンバーバルコミュニケーションは、言葉ではない、顔の表情・姿勢・声などです。
 
 
 
心理研究所の実験での結果で、色んな統計があると思いますが言語による内容が伝わるのは15%~5%だとか?残りの85%~90%は言葉ではない顔の表情・姿勢・動作・声の感じだそうです。
 
 
 
例えば・・・
 
 
 
お互いの会話の中で、行動や言葉で相手に腹が立ち怒りが出たとします。
 
 
 
相手から怒っている?と聞かれると・・・
言葉では『怒ってないよ』といっているけれど
顔の表情や声のトーンから怒っているなーと相手はメッセージを受け取ります。 
 
 
 
ダブルメッセージですね。
 
 
 
言っている事と行動が違う・・・・相手は混乱されます。 
 
 
 
 
という事で、お分かりになると思います。
 
 
 
それを繰り返されると、お相手は“疲れるなー”と・・・
 
ほっておくと・・・いつしか2人の関係性が壊れることにもなりかねません。
 
 
 
例えば・・・
 
 
 
うまく言えないけれど・・・あなたに『好感を持っています。』と,
こころで感じて言葉に出さなくても居心地のよさを感じることはできます。 
そして、相手にはそれが伝わります。
相手も同じように感じます。 
 
 
 
という事で、言葉で、うわべだけを取り繕ろうとしても心の状態が変わらないと相手には伝わりません。
 
 
 
怒りやイライラがある時には
 
『すこし、怒りの感情があります。』 や『イライラしています。』と 
伝える事で、非言語と一致するので伝わるでしょう。
 
ネガティブな感情を伝えると嫌われるのではなく、伝え方があります。
また、こころの奥に何か思い込みがあるかも知れません。
 
 
 
素直なコミュニケーションでお互いの関係性が良くなってきます。
 
 
 
うまくコミュニケーションが取れない事が、ダメな事ではなく
両親から学んでいません。
 
コミュニケーションスキルは、学ぶことでできるようになりますとお伝えすると安心されます。
 
そして、学び、職場やプライベートで人間関係が改善されます。
 
 
 
良質の心理学に基づいたコミュニケーション講座をマンツーマンでも開催しております。
 
 
 
プロのセラピスト、ヒーラーの方にもお役に立つものです。

恋愛(執着)について

2015628104726.jpgのサムネイル画像

 

何かに執着している事ってありませんか?
 
 
 
ある日の夢の中に、20代の頃、
 
人を好きになった片思いの男性がその当時の顔で
 
出てきました。気軽に声をかけていた。
 
懐かしかった・・・あの時は、彼に執着していました。(笑い)
 
 
 
その後も片思いの男性に、心の中で執着していたことがあります。
 
自分では気が付かなかった。
 
 
 
それが、ある日、突然、執着している事に気が付き手放そう~と思いました。
 
自分でも不思議でした。
 
 
 
すると・・・
 
今まで、見えなかった事がみえてきました。
 
そして、本当に自分が欲しいものは・・・
 
 
方向性が、はっきり見えてきました。
 
 
 
 
握りしめている(執着)内は、本当に欲しいものが手に入らないのでしょう。
 
握りしめているから、必要なものを手に取る事ができません。
 
というより、こころから願っている物が違う事もわからない。
 
 
 
恋愛がうまく行っていない。
別れ話が出る時もある。
 
 
 
でも相手を手放したくない・・・・(執着ですね)
 
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 
執着は“愛”ではありません。
 
しがみつきです。
 
不安がつきまといます。
 
そんな関係は、うまく行きません。
 
いつしか壊れて行きます。
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 
 
 
ひょっとして、お相手に執着して安心していませんか?
 
 
 
執着を手放した時に、何かが見えてくるかもしれません。
 
あなたに相応しい人との出逢いがあるかも知れません。
 
 
 
執着するには意味があります。
 
その意味を知る事で安心した関係性を築く事は可能です。
 
 
 
執着して不安な関係を続けておられるなら、どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。
 
 
 
幸せな恋愛・結婚をするためにもご自分を大切にしていきましょう。
 
それには、ご自分を調える事です。
 
 

人間関係(相手と自分は違う)

20157802943.jpgのサムネイル画像

 

人間関係がうまく行かない人や、
 
仕事でよくトラブルを起こす人には共通点があります。
 
 
 
相手と自分とは違うという事を理解されていない方に多い様に感じています。
 
友人との関係でも、相手に期待過ぎたり、求めすぎたりして
 
思い通りの反応がない事に不満を募らせた事ってありませんか?
 
 
 
家族でも友人でも、人間関係においては自分と相手はちがうのだという感覚が大切です。
 
相手と自分とは違う存在で、そこを理解する事が大人の関係です。
 
 
 
お相手が、自分と違う価値観、考え方だから一緒にやって行けない!
 
思う方も多い様ですが、特に家族や恋人や友人に対して・・・
 
違ってもいいのです。
 
 
 
 
違っているという事を理解すると、一緒にやって行けます。
 
 
親しき中にも礼儀ありと言う言葉がありますが、適切な距離感が必要になってきます。
 
 
『当たり前』と思う心が、人間関係をこじらせてしまいます。
 
 
 
 
 
相手は、自分と違う考えを持った存在という事を理解せずに一体感が強くなると
 
『相手は○○してくれて当たり前』と考える様になり、
 
 
 
感謝の気持ちが無くなってしまいます。
 
恋人でも、友人でも職場でも、親しくなればなるほど、そうした感情が強くなりやすいです。
 
 
 
 
 
かって、カウンセリングであるご主人が、一緒にやって行く自信がないから離婚したいと来室されました。
詳しくお聴きすると・・・
 
 
『家事や子育てに協力しているけれど、やり方が悪いと文句ばかり言われありがとうと言ってもらったことがない。』
 
『常にイライラして、物を投げたり・・・』
 
 
 
お二人は、それぞれにカウンセリングに来られていて、お互いを理解される事でやり直しをされました。
 
 
 
どうして、理解できないかについては理由があります。
 
 
幸せになるって相手の立場や状況に思いを巡らせることでしょうか?
 
 

子育てについて

子は親が願ったように育つ

 

お子様の事で悩んでいるお母様へ・・・
 
 
お子様を変えることは出来ないけれど、
 
お子様に対して対応を変えるとお子様は変わります。
 
 
 
 
 
働いておられるお母さまは、家事と育児でとてもお忙しく
 
ストレスフルになっておられるのではないでしょうか?
 
 
 
そして、つい、お子様を叱る事が多くなったり、
 
最近、笑顔が出なくなって、そんなご自分を責めたりしていませんか?
 
 
 
 
ご自分の事よりもお子様の事を優先され、一生懸命頑張っておられると思います。
 
 
 
いつしか、ご自分が楽しむ事も忘れて・・・
疲れ果てて、当然、笑顔でませんね。
 
 
 
 
 
そんな時、ご自分が“嬉しかった事” “楽しかった事”を想い出してみませんか?
 
気持ちが少し解れてくるでしょう。
 
 
 
 
 
お子様は、お母さまの笑顔が大好きです。
 
笑顔のお母さんは“しあわせ”だと感じて、嬉しくなります。
 
 
そして、精神的にも安定されます。
 
 
 
私達、母親も昔、お母さんが笑っていると・・・嬉しかったですね。
 
 
 
 
 
お子様が“おかあさん!”と言ってきたら、何はともあれ
 
“な~に”と微笑んであげてはいかがでしょう。
 
すると、お子様が自分は、愛されていると自信をもち自己評価が高くなります。(とても大切な事です。)
 
 
 
 
 
お子様が喜んでいる顔をみると、嬉しくなると思います。
 
小さな事ですが、日々、積み重ねると大きな変化が生まれます。
 
 
 
 
 
お母さんが笑顔でいられるように、お母様の応援をしています。
 
カウンセリングのほかに
月1回  『青い鳥ママカフェ』を開催しています。
 
 
 
 

恐れが明確になると安心に変わる。

201572101226.jpgのサムネイル画像

 

誰しも恐れがある事でその恐れに向き合う事は怖くて出来ません。
 
 
 
 
漠然とした不安がある時には、カウンセリングを受けに来られその恐れに向き合われます。
 
 
すると、何に対しての恐れかが明確になります。
それは、考えて起きている恐れが多いです。
明確になる事で、どうしたらいいという事がわかります。
それで安心されます。
 
 
 
 
 
恐れを認識する事は、難しいかも知れません。
 
リコネクティブ・ヒーリングをお受けになられた方は、恐れが出てきたときにまず、認識して気づかれます。
 
 
 
恐れがあると、早く無くそうと焦る事で空回りしてしまします。
 
 
 
 
 
まず、焦っている事に気づき、そして思考が恐れを作っている事に気づかれる事で、思考を手放す。
すると、落ち着いてきて恐れが小さくなったり無くなったりされる事に気づかれます。
 
 
 
 
 
前進するのに恐れがあると、恐れを無くさないと前進できないと思われる方も多いのですが、
恐れを認識すると、おそれを持ったまま前進する事が可能になります。
 
前進してみると、その恐れは、分からない事での恐れだという事が腑に落ちるでしょう。
 
 
 
 
 
リコネクティブ・ヒーリングは、考えすぎの方や心配性の方は気が付くと変わっている方が多いです。
エネルギーがその方にとって必要な処から自然に調っていくようです。
気が付いたら、考え方、意識が変わっているという事は自然ですね。
 
 
 
 
 
ご自分の悪いところを変えるのではなく、どんなご自分も大切に思う気持ちがあるがままになり、
本来のご自分のポテンシャルを使えるようになり、イキイキされてきます。
 
 
 
恋愛についてのご相談が増えてきました。
 
一人で悩んでいると、妄想して・・・苦しくなってきます。
恋愛についても経験豊富ですので、どんなご相談にも応じています。
 
お気軽にご相談くださいね。
 
 
 
ご自分の感情のバランスが調ってくると、感情面でも穏やかに過ごすことができます。
 
 
 
ありのままのご自分になる事で自分らしくイキイキ生きて行く事が可能です。

 

家族・職場でコミュニケーションが取れていますか?

2015925224933.jpgのサムネイル画像

 

最近、目につくことですが・・・
 
電車で親子ずれ、家族が
 
無口な状態で席に座っている方が多いように感じます。
 
 
 
特に、小さなお子様ずれのお母さんとお子様
 
お母さまがお子様の様子を見ることなく
 
スマホに熱中されている。
 
 
 
時々、お子様がお母様に声をかけると
〝うるさい”と言わんばかりにお子様を無視される。
お子様は、いつもの事でしょうか?
淋しそうにだまっている。
 
 
 
ご両親の携帯依存があったりする場合には、
 
お子様は、どうなっていくのかな?
 
職業柄、ちょっと、心配です。
 
 
 
最近、考えられないような事件が起きていますが・・・
 
 
 
家族、親子のコミュニケーションは大事です。
 
安心できる環境の中で育つと、自分を大切にできるし、自分で考えて行動できる子供に育ちます。
 
 
 
結婚して子供が出来たら幸せではありません。
 
家族のコミュニケーションが取れていない中に育つと、コミュニケーション・人間関係を面倒くさくなったりします。
 
 
 
職場の人間関係・コミュニケションができないのではなく、親から学べなかっただけです。
 
 
 
結婚は、似通った環境の人と一緒になると、親と同じ環境になっていきます。
 
話をしないと、考えていることは相手に通じません。
 
 
 
コミュニケーションを取ることで分かり合えます。
 
 
 
コミュニケーションはスキルを学べば出来るようになります。
 
そして、よりよい人間関係を築けるようになります。
 
 
 
マンツーマンのコミュニケーション講座を開催しています。
 
 
 
心理学に基づいた良質のコミュニケーション講座です。
 
マンツーマンですので、今、ここ困っていることがありましたら、それを具体的にどうしたらいいかをご一緒に学べます。
 
 

メンタルが弱いとぶれる

2016214173434.jpgのサムネイル画像

 

目的を持って行動を起こしていて上手くいかない時、
 
考えがぶれる事はありませんか?
 
 
 
 
 
ぶれる時って
 
自信がなかったり、人と比べたり・・・
 
また、目標、目的もコンサルティングで出てきた事で、本当に自分がしたい事かどうか?
 
 
 
 
 
 
目標、目的を思考で考えると、かなり高い目標をたてる事が可能です。
 
しかし、本当にやりたいことであれば、ぶれる事なく乗り越えていけます。行きます。!
 
途中で、ぶれるのであれば計画を見直すメンタル面を見直す事が必要です。
 
 
 
 
コーチングのみですと、その人に目的を持たせモチベーションを上げる事は可能ですが
 
一たび、前進できない時にはメンタル面に寄り添う事が必要になってきます。
 
 
 
元々、心理カウンセラーでしたのでメンタル面に寄り添う事が可能でしたが、
コーチングを勉強してコーチの資格を取った時には、落ち込んだ方が元に戻ると、
普通に目標を持つと思ったからでした。
 
 
コーチング(コンサルティング)をやって、相談者がぶれたら直ぐにカウンセリングに変更する事が出来る様になりました。
 
 
 
現在は、相談者がリコネクティブ・ヒーリングを受けられる事で本来の自分に戻って行かれる事で、
その方が本当にやりたかった事を思い出されます。
 
そして、そちらの方向へ向かわれるのでぶれる事は無くなります。
 
 
 
ぶれるのがいけないのでは無く、ぶれた時には、さらに前に進むために外に何かを求めるのでなく・・・
 
本当にこれをやりたいと思っているかどうかを見つめられると、答えが出ると思います。
 
ひょっとしたら、何かを手放すことで前進できるのかも知れません。
 
 
 
という事で、ぶれて不安に感じておられるようでしたらご相談くださいませ。
 
 
 
 
 
心に寄り添って、インナーブランディング(内面をブランディング)をしてありのままの自分へ~
お手伝いをしています。
 
      

自分と相手をジャッジしない生き方

2015112493410.jpgのサムネイル画像

先日、知人とお会いした時・・・

最近、『私は、これでいい!』と思って楽しく生きているんだけど
何かが起きると、
 
 
どうして!!!
不安になり、落ち込んでしまうの。
 
何が起きても、『私は、OK!』と考えていけばいいんじゃない。
 
 
そうだ! そんな風に思うと楽ね。
 
 
出来事でマイナスな事が起きても、人間としてダメではないから・・・
 
 
嬉しいわ! その言葉・・・
 
 
私は、心理カウンセラーだけど、知人にはもちろんの事、子供たちにも自分の考えや価値観を押し付ける事はありません。
 
 
その考えは、良くないから変えた方がいいよ!的な発言はしません。
それは、クライエントさんに対しても同じです。
 
 
否定するカウンセラーは嫌ですね。
例え、親であっても嫌われます。
近寄りたくないですね。
 
 
お相手との関係性を良くしたいのであれば、自分の考え価値観を押し付けない事です。
お相手が一緒にいる事で居心地良く感じると・・・
何も言わなくても、お相手は変化していきます。
 
 
相手をジャッジしない生き方は大切でしょうか?