トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2018年6月

2018年6月

相手に期待しすぎて不安になる。

2016199486.jpgのサムネイル画像

 

家族とは、うまくやって行こうと思う事で知らず知らずのうちに相手に期待をします。
 
 
 
例えば、
 
☆こんな夫になってもらいたい。
 
☆こんな子供になってもらいたい。
 
☆こんな母親になってもらいたい。
 
☆こんな兄弟になってもらいたい。
 
 
 
 
 
この期待は、自分の理想だったり思い込みだったりしますね。
 
特に、自分が頑張っていたりすると、期待度も高くなってしまいます。
 
もらいたい!という言葉自体が、自分(エゴ)ですね。
 
 
 
もらいたいをなってほしいな~は、軽い願望です。
 
相手に求める期待値が低くなりますので、暖かく見守る事ができるでしょう。
 
 
 
私も、かって母に、夫に子供に、兄弟に期待して・・・
 
 
 
自分勝手に“期待をして裏切られた!”って腹を立てていました。
 
そして、相手をダメな人としてジャッジしていました。(笑い)
 
 
 
 
 
 
 
その事で、口に出さなくてもノンバーバル(言葉ではない非言語)で相手とコミュニケーションを取っていました。
 
相手は、何も言わなくても姿勢や顔の表情で・・・嫌な感じを受け取同じように、相手に対して返します。(波動が干渉しています)
 
 
 
 
 
それは、以心伝心です。
 
 
 
 
 
自分を見つめ『期待しすぎていたんだな~』と気づく事でその状態が変わります。
 
 
 
その時、相手の状態が自分の“鏡”だと気が付くと、相手を責めるより、自分のこころを調える事ができます。
 
 
 
 
 
私事ですが、昨夜、妹とTELで話をしていると、妹がぐちを言い始め、その後怒りを出していました。最近、私と会話をしていて怒りを出す方が多くなりました。(笑い)
 
 
 
普通は、プライベートで愚痴や怒りを出される人とは、関わりたくないと思いますね。
 
 
 
それが、聞いているのですが判断していないので相手は、吐き出してスッキリするようです。
 
 
 
私自身も、終わると『何事もなかったようにニュートラルに戻ります』
 
最近、かわったな~と思います。
 
 
 
 
 
気になってパチリ!
 
 
 
アジサイですが、自由に花開いていますね。
 
みていて、自由な波動を感じて嬉しくなりました。
 
 
 
元に戻り
 
気が付くと・・・
 
 
 
家族や大切な方に対しても期待しすぎる事をしなくなりました。
 
 
 
期待というより、必要な時には、相手に頼る事ができます。
 
お互いに支え合う関係でしょうか?
 
 
 
どんな自分であっても認め大切にする事で“あるがまま”になって行けるし、自由に行動する事ができます。そして、困った時に人に頼る事ができる。
 
 
 
安心ですね。
 
 
 
安心は、誰かが創ってくれるものではありません。
 
誰かに期待して、あなたの安心感を預けていませんか?
 
 
 
 
 
安心するためには、インナーブランディング(こころを調える)されるといいかも知れません。
 
 
 
ステキな週末をお過ごしくださいませ。
 
 
 
自由で楽な自分でいられますように・・・
 
 

人間関係をこじらせてしまう心の癖

2016223164845.jpgのサムネイル画像

 

本当は、より良い関係を築いて行きたいのに

人間関係をこじらせ不毛な結果を招いてしまう

行動パターンがあります。

 

 

人は誰しも『親密』な関係を求めています。

しかし、誰とでも親密にはなれません。

 


親密とは・・・

 

お互いに信頼し合い、相手に対して純粋な配慮をし合って行われる素直な交流です。

親しみを持った協力的な交流です。

親密だからこそ、お互いの意見を素直にぶつけ合う事もできます。

 

 

人と深い関わりになるほど自分が相手に受け入れられるか

拒否されるかといった心理的な危険(リスク)があります。

 

そこで、本当は、親密になりたいと思っているのにリスクを負うのが怖い為に

 

 

『職場や家庭などにおける日常生活の中で、

いろいろな形で繰り返されている人間関係のクセ』

 

 

愛情や注目を得るための素直でない交流をしてしまいます。


 

例えば、こんな事で困っておられる方・・・

☆本音を言わないで我慢する。

☆相手に迎合してしまう。

☆相手に嫌われてしまうのではないかと不安に感じる。

☆自分の弱さを見せるのが怖くて、相手を責める。

 

 

人間関係のクセは、小さい頃は役に立ったかもしれない交流を今も続けています。

 

恋愛・結婚・友人関係で同じことを繰り返してしまいます。

 

本当は、良く思われたい、もっと、親密にないたい、

と思う気持ちがあるのに・・・

 

結果、面倒くさい人だと思われてしまいます。

 

自分で解決する事は、難しいかも知れません。

専門家にご相談される事で『心のクセ』は直ります。

 

本音を素直に表現でき、相手と親密になれる事は安心です。

 

人間関係がうまく行かないと悩んでおられる方は

長い間、豊富な経験を積んでいますので

安心して、ご相談下さいませ。

過去の傷つき体験が現在の人間関係に影響を与えています。

20157802943.jpgのサムネイル画像

 

現在、職場やプライベートで悩んでいる人間関係が
実は、過去のトラウマから生じている事があります。
 
 
相談者に詳しくお話をお聴きする中で・・・
最初は、思い出せません。
 
 
 
その方にとっては、思い出したくない位にショックな出来事だったかも知れません。
そんな時には、無理にお聴きしたりしません。
 
現状で困っておられるお話をお聴きしていると・・・
 
どんどん、リラックスしていかれるのか?
 
 
 
そう言えば・・・少しずつ思い出されます。
いづれ、時期が来たらご自分から自然に思い出す時がきます。
 
その時が傷つき体験の解消のタイミングです。
 
例えば、傷つき体験があり、その事を折に触れ思い出されて怖くなる・・・
過去のの記憶(エネルギー)にアクセスする事で
 
過去の出来事で生じて抑え込んでいた未完了の感情がある事で苦しくなられます。
 
 
 
 
 
人によっては、感情を感じると、
もう立ち上がる事が出来ないのではないかと恐れを抱いている方もおられます。
 
 
 
 
 
瞬間湯沸かし器の様に感情を出す方がおられます。
 
その方達をみて怖い!と思われ・・・
 
感情を感じる事を怖がられる方もおられます。
 
 
 
 
 
感情を感じる事と感情を出す事とは違います。
 
 
 
 
 
感情を感じないようにしておられる方は多いです。
 
起業家の方やカウンセラー、セラピスト、ヒーラーの方で感情を感じておられない方は
 
クライエントさんの感情を取り扱えないと思います。
 
 
 
 
 
 
 
ご自分の感情の蓋をあけ解消する事で、お客様、クライエントさんとの関係が楽になってきます。
 
 
 
 
 
トラウマ解消は、人によって、時間がかかる方もおられますがほとんどの方は、
一瞬に解消します。(エネルギーワークで行います)
 
クライエントさんのエネルギーが活性化されます。
 
 
 
解消される時には、
感情を大切にに扱ってくれるカウンセラーさんヒーラーさんを選んでくださいね。
 
他でカウンセリングを受けたけれど、変化がなかった方は、
どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。

悩みの矛先は安心ですか不安ですか?

201582019541.jpgのサムネイル画像

 

悩んでいるときの矛先は、
不安の方へ向いていますか?
それとも安心の方へ向いていますか?
 
不安の方へ向いていると・・・
「どうしよう?」頭で考えて、堂々巡りになり結果どうしていいかわからずに問題が大きくなります。
 
安心の方へ向かうと・・・
「どうしたらいいかな?」感じた事を思考で整理しますので結果、安心できる答を導き出します。
 
 
 
不安があってはいけないと思い込んでおられる方は、
不安がある事を認められ無い為に早く無くそうと焦ってしまい堂々巡りになられます。
 
方や、不安が有ることを認められる方は、不安が消えます。
そして、「どうしたら良いかを具体的に考えます。そして、感じてみます。」
 
堂々巡りになる方は、思考のくせで、つい深刻に考えてしまわれるようです。
 
ベクトルが不安に向いているか?
安心の方へ向いているかで、人生は違ってきます。
 
思考の癖は、カウンセリングで治ります。
 
お気軽にご相談くださいませ。
 

20186482518.jpg

 

過去の悲しみを思い出す事は
終わった出来事にアクセスし
感情を再体験しています。
 
思い出すことで辛くなりますね。
 
 
 
思い出すという事は、記憶の中にエネルギーが残っています。
 
例えば、傷ついた出来事を思い出し今でも、その事について“悲しみ”“怒り”が残っているとエネルギとして残っています、そのエネルギーがハウリングしながら、いまここの人間関係に影響を与えています。(人間関係が苦手、怖いなど~)
 
 
 
 
 
その過去のエネルギーに光(エネルギー)が当たる事でエネルギーが流れていきます。
 
すると、今まで困っていた人間関係等が解消されていきます。
 
 
 
 
 
自分では、中々、解消できないと思います。
 
カウンセリングで深いリラックス感を感じられる事で気づきが起こり解消している。
 
お話をされなくても変化して行かれる事もあります。
 
 
 
 
 
エネルギーが調ってくると波動も高くなってきます。
 
すると、症状や人間関係などが変容してきます。
 
 
 
 
 
自分を変えるのではなく、あなたのこころが調う事で波動が上がり、意識・感情面がかわりますので人間関係まで変容していきます。
 
 
 
それが可能なオリジナルのカウンセリングを行っています。
 
 
 
 
 
考えすぎると・・・
過去と未来を行ったり来たりしませんか?
 
その時、今、ここがおろそかになっています。
今、ここを生きていない事になります。
 
エネルギーも、当然下がりますので
落ち込み、酷いとうっぽくなるかも知れませんね。
そして、ネットで調べて、自分で病気を作ってしまう方も多いようです。
その方の考え方の癖でしょうか?
 
 
 
また、何かうまく行かない事があると、色んな事に手を出したくなったり気持ちが落ち着かなくなる。
 
 
 
人生、うまくいかない時もあります。
 
 
そんな時、焦る事で空回りしてしまいます。
 
 
自分にとって必要な事は、頑張らなくても調ってきます。
 
 
 
調わなかったり、タイミングがずれる時には、“方向が違うよ”というメッセージがこころの声として伝えてくれているのかも知れません。
 
一度、冷静に思考ではなく感じて・・・心の声を聞いてみるのもいいかも知れません。
 
過去でも未来でもなく、一瞬一瞬を大切に生きて行くことで、直観や閃きが働き自分の求めている人生を生きて行けるでしょう。
 
自分の事は、自分にしか分かりません。
こころの声を大切に!✨
 
 
一人で悩まないで気軽にご相談くださいませ。
 

人間関係に傷ついたこころ

2016107224831.jpgのサムネイル画像

 

人間関係は、じぶんの思い通りに、スッキリとはいきません。
 
人間関係に傷つき・・・
本当は人に認めてもらいたいけど、怖くて避けるようになっている。
 
 
 
一番の元は、過去の親子関係(対人関係)
の中で学べなかった“愛”“信頼関係”です。
 
 
 
でも、親から認められたくて、顔色を伺い親に喜んで貰えるように、健気に頑張ってきた。
気がついたら、“良い子”を演じていた。
 
こんなに頑張って来たのに、満たされ感じがしない。
 
辛い人生を生きている。
でも、決心すると、いつからでも変化は可能です。
 
人間関係で傷ついた心(エネルギー)を解消する事で、現在の人間関係までも変容してきます。
 
一人で考え込まないでご相談くださいませ。