トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ

青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ

何故、イライラするのでしょうか?

20158521729.jpgのサムネイル画像

 

ところで、イライラする事があると思います。
 
イライラは、伝染しますね。
 
 
 
何故、イライラするのでしょうか?
 
 
 
感情は、湧き上がってくるもので本来とめる事はできません。
 
ただ、その人の物事に対しての受け止め方で
感情も変わってきます。
 
 
 
人それぞれ、育った環境が違います。
子供は、両親の感情を見て育ちます。
 
 
 
・・・あるべき、・・・ねばならない。(信念)の両親に育つと
両親が思うようにいかない時に、
イライラ・怒りの感情をぶつけられていたかも知れません。
 
 
 
 
 
いつしか、大人になった時、自分も気が付くと思うようにいかなくなると
イライラ・怒りの感情がでている。
 
その事で、自分の事を嫌に思う。
 
そんな時、相手に対して
『・・・あるべき、・・・ねばならない。』(信念)
があるのではないでしょうか?
 
イライラ・怒りがいけないのではなく、自分の信念からきている感情です。
 
物事に対して『・・・あるべき、・・・ねばならないという』信念を変える事で
相手を理解する事ができます。
 
 
 
イライラではなく、冷静にお相手とのコミュニケーションが取れると思います。
 

嫌な事が起こるとすぐに気持ちを切り替えようと焦ってしまう。

2015822104111.jpgのサムネイル画像

 

自分の中の落ち込みや不安といった
 
“マイナスな気持ち”を
 
正面から捉えられない方が多いのではないでしょうか?
 
 
 
 
マイナスな気持ちを持っていると
周りから“暗くて嫌な人”と思われるかも知れない。
 
 
 
 
すると、日常生活の中でさまざまな不愉快な出来事に対して、
 
 
 
☆見なかった事にする。
☆なかった事にする。
☆気にしない。
 
 
 
 嫌な事があると、み過ごす事になります。
そして、早くその気持ちを変えようと楽しい事で紛らわせようとする。
 
 
 
 
 
しかし、悩みの基といつもいつも向き合わずに紛らわす事をしていると
 
 
 
 
 
モヤモヤが噴出さない様にする為に
常に落ち着かない
ソワソワした気分で過ごす事になります。
 
 
 
 ひとりでじっとしていると、モヤモヤ感が広がりそうになる。
だから、いつも誰かと楽しくすごしているふりを続ける。
 
 
 
 
 
そして、心配や不安を感じている人から悩みを打ち明けられると、
自分の中にある“モヤモヤ感”と向き合わされることになり
自分まで落ち込んでしまう様に感じて逃げたくなってしまいます。
 
 
 
 
 
そんな状態が苦しくなり、カウンセリングにいらっしゃる方が多いです。
 
 
 
 ネガティブな気持ちがあるから
“暗くなる”のではありません。
 
 
 
そもそも、ネガティブ(マイナス)だと考えている、受け止めている考え方を見直すことで変化します。
 
 
 
 
 
その悩みの基となるものに、向き合うと・・・
“モヤモヤ感”もなくなり、スッキリされるでしょう。
 
 
 
自分の悩みに向き合う事で、相手の事も理解でき人間関係も良くなって行きます。
 
 
 
“人生楽しくなければいけない!”ではなく
 
 
気分が落ちる事もあります。(バイオリズムの関係)
特に、女性は生理前はバランスが崩れる方もおられます。
 
 
 
それよりも、心の奥に
 
『明るくなければ好かれない』
 
『落ち込むと不幸になる』
 
 
 
なにかしら、ご自分にとって否定的な“思い込み”があるかも知れません。
 
それを開放する事で日常生活が落ち着いた状態になって行かれるでしょう。
 
 
 
以前、不安になると゛早く何とかしなければ!”と思っておられた方が、カウンセリング~リコネクションをお受けになられ、今では、感情を認める事が出来るようになられ、落ち込む事が少なくなられたとの事、ご連絡を頂きました。
 
日々、ご自分に気づき感情を大切にしておられるようです。
 

不自由にしているのは自分の思考です。

2016223164845.jpgのサムネイル画像

 

私達は、本来『自由』です。
 
意識されていない方が多いかも知れません。
 
 
 
プライベートでは
今日1日、如何しようか?
 
外出するか?
しないか?
 
 
 
お昼に何を食べるか?
 
何か自分で決められない。
相手に気を使ってしまう。
 
 
 
本当は、あなたは、自分の好きなように選ぶことが出来ます。
 
 
 
その事を意識される事で
『生き方を自分の意志で選ぶ事ができます』
そんな事、出来ない!と思われますか?
 
人の目を気にしている?
 
 
何故、人の目を気にしているのでしょうか?
人の目を気にする事自体が、自分の行動を不自由にしていませんか?
 
そして、人生までも不自由に・・・
しょうがないじゃない!と諦めている。
 
 
 
 
人の目を気にせずに自分のしたい事を自由に行動したい!
 
 
出来るんです。
 
 
 
人の目を気にしているには理由があります。(自分を護っているのです)
 
それを手放すと、自由に生きて行けます。
 
 
 
人の目を気にするなんて当たり前よ~
でも必要以上に気にすると、モヤモヤしたリそんな自分の事が嫌いになったり
楽しくありませんね。
 
 
 
嫌な人だけど、嫌われたら怖いから付き合う方も多い様です。
気が付かないと思いますが、
 
 
実は、自分の心を偽っています。
こころは悲しくて気持ちが晴れませんね。
 
 
 
不自由にしているのは、相手でも周りでもありません。
 
 
 
不自由にしているのは、自分の思考です。
 
いい人で生きる事で、自分を不自由にしています。
 
 
 
自分の思考だから変える事が出来るのです。
(カウンセリングで可能です)
 
 
 
ご自分の中の“花”を咲かせてみてはいかがでしょう。
 
 生き方は、自分の意志で選ぶ事が出来ます。
 

感情に蓋をして怒りを溜め込んでいた!

20157802943.jpgのサムネイル画像

 

何かあると、直ぐに
「ごめんなさい!」
「すみません!」
と謝ってしまう方がおられます。
 
何か悪いことをされたのですか?
 
いや、癖なんです。
 
小中学生の時、いじめにあい、それ以来
自分が悪いから、いじめられるのだろうと考えて、すぐに謝っていた。
 
本当に悪かったのですか?
 
 
 
???
悪くなかったのかな?
 
悪くないのに、いじめる人に対してどうですか?
 
 
いけないですね・・・
 
感じてみてください。
 
 
 
どうですか?
 
何か、お腹の辺りにいかりを感じます。
 
過去のいじめに対して、感情に蓋をされ感じないようにしてこられたようです。
 
現在、怒り、憤りがあることさえ感じないで、相手の言葉と暴力に堪えている。
 
 
実は・・・
包丁やナイフをみると怖いのです。
 
 
 
何が怖いのですか?
 
夢の中で刺したりしてるのです。
本当は、そんな事しないと思っているのですが・・・
 
 
 
ご自分の気持ちを吐露されました。
 
 
 
長い間、感情を抑圧していたので
怒り、憤りの感情はかなりマイナスのエネルギーとして身体にたまっていた。
 
その事を説明させていただき、感情を解放させていただきました。
 
少し楽になりました。
 
カウンセリングは続いていきます。
リコネクティブ・ヒーリングも提案させていただきました。
 
という事で、感情に蓋をして感じない、無かった事にする事は、
マイナスエネルギーを蓄える事になるので
頑張っているのに、心は満たされない状態になっています。
 
感情を感じるって、一人では怖いと思います。
 
そんな時には、是非、ご相談くださいませ。
 
柔らかいエネルギーでこころに寄り添ったカウンセリングを行っています。
 
 

幻想・物語で自分の心を縛っていませんか?

2015821112935.jpgのサムネイル画像

 

過去からの出来事で人は、その人なりの幻想・物語を創っています。
 
それが良いものであれば、問題はありませんが・・・
 
 
 
得てして、その事を引きずり、現在の人間関係にまで影響を及ぼしています。
 
 
 
そして、相手を責めたり、自分を責めて罪悪感を持ったり・・・
 
 
 
 
 
 
 
過去の事は、自分の幻想で自分の役割が、嫌な出来事、
人間関係を引き寄せていたんだと分かった時、
 
 
 
 
 
 
“えっつ!そうだったんだ!”
私が、引き寄せていたんですね。
腑に落ちました!
 
 
 
 
 
 
 
 
長年、苦しかった方が、一瞬に身体が楽になったり・・・
ある方は、周りがグレー状態だったのが、明るい色に変わられたり・・・
 
 
 
 
 
例えば、100人の人が目の前の出来事をみても、100人100様です。
 
 
 
その人の考え価値観で受け取ります。
(出来事は現実ですが、受けとった事はその方の幻想です)
 
 
 
 
 
“今、ここ”を生きるという事は、現実をいかにシンプルに受け取っていくかでしょうか?
 
 
 
 
 
そうする事で、ストレスも減ってくるでしょう。

人間関係(悩み)について

2016223164845.jpgのサムネイル画像

 

人間関係で悩みの一つに・・・

☆あの人と会うと、〝イライラ”する。
☆ほんとは嫌だけど誘われて断るのが面倒くさいから会う。
☆一方的に自分の話(ぐち、悪口、自慢話)をされて、こちらの事を気遣ってくれない。
☆メール、Line が頻繁にきて、早く返事を出さないとさらに面倒くさいメールがくる。
 
 
などなど・・・
 
 
 
心の中では、面倒くさいと思っているのに感じていないために・・・
また、断ったら嫌われるかも知れないから、そのまま、関係を続けてストレスを感じる。
 
 
知人から似たようなことを相談されました。
 
 
面倒くさい・・・そのまま、関係性(距離が近い)を続けていると
おかしな行動をしています。
 
 
 
☆例えば、言い訳したり、会わないように避ける・・・
 
☆相手もそのエネルギーを感じて、おかしいと思って態度にでる。
 
☆それをみて、相手の態度がおかしくなったと思って悩む。
 
 
 
 
 
そして、面倒くさい人だけど、嫌われたくないから良い人を演じてしまう。
そうする事で、自分をだましてまで相手に合わせようとするから
自分を責めて、相手の事を嫌いになってしまいます。
 
 
 
 
その人のどんな処が面倒くさいのか?
 
考えてもらったら、明確になりました。
 
 
 
面倒くさいと思って付き合うから、嫌な思いをして、モヤモヤしている事に気が付きました。
その人を友達と思っていたけど、友達ではなくちょっと、距離感をもって冷静に見ればいいかもね。
 
 
 
面倒くさい人とお付き合いして不満に感じていると、
面倒くさい事を引き寄せてしまいます。
 
 
 
友達だからと、長年続けているからやめるわけにはいかない。
しょうがないから付き合うと思っている方が多いようです。
 
 
 
お付き合いを止める事は悪い事ではありません。
 
 
 
自分のこころを気持ちよく保っておくことは、必要です。
そのためには、嫌なことを止めるです。
すると、気持ちよい関係の人とのご縁が広がって行きます。
 
 
 
相手の面倒くさいのを責めるより、自分が面倒くさい事をやっている事に気づかれるとスッキリされると思います。
 
 
 
 
苦手な人から嫌われたくないより、
 
苦手な人とはストレスにならない付き合い方をされてはいかがでしょう。
 
 
お困りの方は、ご相談くださいませ。

親との関係が人間関係(コミュニケーション)に影響しています。

2015719185833.jpgのサムネイル画像

 

親との関係は、生まれて始めて結ぶ人間関係です。
実際は、胎内にいる時から始まっているのでしょうか?
 
 
子供は、親を選んで生まれてくることは不可能です。
一説には、(親を幸せにする為に選んできている?)とか言われていますが・・・
 
 
 
 
 
成長するに従ってその後、順々に経験していく友達関係や恋愛関係、職場の人間関係などでは、
親から学んだ事が基礎になっています。
コミュニケーションの基礎になります。
 
 
 
子供が小さい内は、2者関係で、養育する関係から、
しつけとして子供に「あ-しなさい。こーしなさい」指示、支配は当然かも知れません。
 
 
 
そして、反抗期を迎える中学生位になったら、
 
指示、支配ではなく、子供の気持ちを聞き、尊重していく事が大事だと思います。
 
 
 
親から、尊重されずに支配されて育った子供は、大人になって他人を支配するか、
他人を必要以上に警戒して、親密になる事を避けるようになるかも知れません。
恋愛や結婚に対して、一番重要視される心理状態です。
 
 
 
 
 
恋愛で、いつも同じ事を繰り返したり、うまく行く手前でダメになったり…
 
『私はダメだ!』なんて諦めないで下さいね。
 
 
 
安心できる人間関係作りを学ばれると良いと思います。
 
 
 
中々、一人では学べないと思います。
 
心の傷(トラウマ)ある方は、過去のエネルギーがハウリングを起こし変化して大きくなっているかも知れません。
そのエネルギーにフォーカスをする事で変容していきます。
 
 
 
 
カウンセリングは、まさしく、そのトレーニングの場のひとつです。
 
 
 
人によっては、大勢参加のワークショップの方が合っている方もおられるでしょう。
 
 
 
結婚して、親御様は、お子様に伝わっていく人間関係を大切にしていただきたいなぁ~
と思いながらお仕事をさせていただいています。
 

人間関係 苦手な人とどう接したらいいか分からない。

2015822104111.jpgのサムネイル画像

 

人間関係で苦手な人とどの様に接したらいいか分からないというご相談を受けます。

 

苦手な人がいますか?

あなたにとって苦手な人とは、どんな人でしょうか?

 

☆自分と性格が正反対の人。

☆自信があってキラキラしている人。

☆大声で怒鳴る人。

☆人の悪口を言う人。

 

詳しくお聴きすると、本とは、相手の事を羨ましいと思い、その人と比べると『自分はダメだ!』と辛くなる。

 

悪口を言う人に対しては、自分の事も言われているのではないかと心配になる。

大声で怒鳴る人に対しては怖くなる。(穏やかでいたい)

 

いずれも、その事で『あ~でもない、こ~でもない』と考えてしまい。

自分なりに不安になっておられます。

 

羨ましいと思う気持ちと、その人のようになりたいのか?

明確(分ける)にされると、その人の様になりたいと思わない。

 

 

どうなりたい?

人と比べる事で、心の中は“イライラ、ザワザワ”します。

自分らしくマイペースで穏やかなこころでいたい。

 

実は、なりたい自分は、本来、その人が心の中に持っている”ありのままご自分の姿”です。

だから、可能でありイキイキして行かれるのです。

 

人と比べたり考えすぎる(こころの癖)ために、エネルギーが下がり落ち込んで辛くなります。

 

カウンセリングでは、シンプルに考える事と考えすぎ(妄想)の状態を感じて頂きます。

すると、一瞬に変化が起きます。

 

考えすぎのエネルギーを考えるのを止める事でエネルギーが変容します。

そして、楽になられます。

 

大方のクライエントさんは、魔法にかかったようだと驚かれます。

すると、不安だった将来の事もご自分の中で見えて来るようです。

 

エネルギーを使ったカウンセリングを行っていますので、傷つき体験、や心の壁(ブロック)も

フオーカスするだけで変容していきます。

 

人間関係も簡単に変容していきます。

ご希望の方は、ご相談くださいませ。

遠方の方は、電話カウンセリングも行っております。

人間関係 信頼している人からは裏切られない。

恋愛を楽しめない・・・のサムネイル画像

 

自分の事を犠牲にして
良い人で生きている方がおられます。
 
周りの人を良い人、悪い人で判断しています。
実は、良い人、悪い人は自分の基準です。
 
 
先日、知人が今まで仲良かった友人3人から、手紙で「これからお付き合いを止めます。」
と言ってきたとかで怒りを顕にしていました。
 
 
色々、協力してきたのに・・・
結局、良い人だった為に相手に合わせていたみたいです。
相手は利用しようとは思わなかったけれど、利用されたのです。
無理して合わせていたようです。
それにも気づかなかった。
 
 
3人の方に対しては、相手に合わせたりおせっかいをしたりしていたようです。
 
 
 
お話をお聴きしていて・・・
相手からお付き合い止めるという事は、お相手は、信頼できる友ではなかった。
というより、お相手も知人が本音を言わない事で信頼できなかったのでしょう。
 
 
 
自分の思いを相手に押し付けることも良くないし
我慢して相手に合わせる事もストレスになります。
 
 
 
対人関係を悪化させます。
そうなると悲しいですね。
 
 
 
自分を犠牲にして良い人を演じる事は、一緒にいて楽しくないです。
今、多くの方が、その事に気づいて人間関係で一緒にいても
心地よくない人との関係を断捨離している方が多いのではないでしょうか?
 
 
 
信頼できる相手には裏切られる事はありません。
その前に自分の事を信頼できますか?
 
 
 
自分の事を信頼できていないと、信頼できる人と出逢う事も少ないでしょう。
 

自分の事、変容すると多くの人に影響を及ぼします。

201894212852.jpg

 

ところで、自分自身の事でカウンセリングに来られる方も多いです。
 
 
 
例えば、
 
☆人間関係(職場や友人)がうまく行かなくてうつ状態になる。
 
☆相手に合わせて、いつも、いつもモヤモヤしている。
 
☆言いたい事がいえない。
 
☆嫌われるのが怖い。
 
☆両親も事が嫌い。
 
 
 
以下は、特定のクライエントさんではなく、ほとんどの方は同じような状態で変容して行かれています。
カウンセリングで出来る事、変容していかれた多くの方達のプロセスです。
 
 
 
カウンセリングを続けていかれる事で少しづつ変容して行かれます。
 
 
 
まず、友人に嫌われたくないと思い、相手に合わせていたことが、
モヤモヤして本当はストレスを感じていたという事に気づかれます。
 
お付き合いを止めたいけれど、数少ない友人だからお付き合いを止めると、友人がいなくなるのが怖い。
 
 
 
 
 
ある時、ストレスを感じるお付き合いであれば、止めてもいいと決心されて、
距離を取り自分からは声を掛けなくしてみると・・・連絡が来なくなった。(寂しいかなと思っていたが、実際は楽になった。)
 
すると・・・新しい友人(無理しなくてすむ)が出来た。
 
 
 
 
 
カウンセリングでは、リラックスできる場なので思っている事が少しずつ言えるようになり
気が付いたら、『話すことが楽しい!』と思えるようになり、『私は、本とはおしゃべりだったんだ!』思い出されたようです。
 
 
 
 
 
すると、新しくできた友人とも楽しくおしゃべりが出来るようになり、
気が付くと会話がなかった両親とも会話をするようになられ、嫌いだったお父さんの事を『可愛くなってきました。』との事。
 
 
 
そして、
 
お父さんが『お小遣いだよ!』と笑顔でお金をくれる様になったとの事。
 
カウンセリングでは、ご両親の事について見つめた事はありませんでした。
 
 
 
 
 
長い間、感情を抑圧していたけれど、感情を感じられるようになられご自分を大切にされる様になられました。
と同時に、自分がやりたいお仕事にも出会い日常が充実してこられました。
 
 
 
自分自身の感情を大切にあるがままになって行かれる事で、親子関係や職場の人間関係が良くなって行かれます。
家族の中でお一人が変わられると、両親と会話をするようになったとか両親が仲良くなったという方は多いです。
 
ストレスが少なくなり、イライラしなくなり気が付くと穏やかになっている方が多いです。
 
 
 
一人の人が及ぼす影響って大きいですね。
 
 
 
クライエントさんが変容していくために必要な事は、カウンセラーとして自分自身を調えて、
丸ごと受容(あるがまま)してお話をお聴きする。(エネルギーの交流)です。
 
これは、リコネクティブ・ヒーリングを受信していますのでカウンセリングでは、お役に立っています。
 
 
 
自分自身があるがままになってくると、家族や周りの人に対してもあるがままで接する事で関係性が変わります。
 
 
 
台風の影響で帰宅困難になっておられる方も多い様です。
 
お疲れ様です。
 
 
 
ゆっくりお休みになられて下さいね。