トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2017年11月

2017年11月

感情に蓋をしていませんか?

2016107224831.jpgのサムネイル画像

 

“怒り”の感情にに蓋をしていませんか?
 
 
職場やプライベートで、理不尽な事を言われたりされたり・・・
感情を感じないでいると、無意識に感情に蓋をしてしまうかも知れません。
 
すると・・・
エネルギーが滞てしまい自我を閉じてしまいます。
苦しいですね。
ひょっとしたら、苦しい事にも気づいていないかも知れません。
 
 
過去、親から〝怒ってはいけない”〝泣いてはいけない!”
なんて言われた経験があると感情を感じる事を止めてしまった方もおられます。
 
 
感情をため込んで怒りが憤りになると・・・
突然、爆発して、人との関係を切ってしまう。
 
 
とくに良い人にありがちです。
その後、自己嫌悪で苦しくなる。
 
 
感情は、感じてもいいのです。
感じる事で、自分を大切に出来ます。
 
ただし、感じる事と感情を出す事は違います。
 
 
感じる事で、人に何となく利用されているのではと気づけたり
嫌な人に合わせて付き合う事が気持ち悪くなってきます。
自分の感覚感情を大切にできる事で人間関係も良くなり、自分らしく生きて行く事が可能です。
 
 
例えば、こころの奥に“怒り”を出すと、嫌われるかも知れない。
また、好い人は“怒り”を出してはいけないという思いこみがあると
 
 
怒りを我慢するすることで関係の無いところで
“怒り”のスイッチが入って“イライラ”したりしてコントロール出来なくなる。
 
“怒り”の出し方が分かり素直に表現することで、自分を大切にすることができます
 
“怒り”は、パワフルです。
 
溜め込むと自分を責め落ち込みます。
 
感情のコントロールが出来ないというご相談者のほとんどが“怒り”に蓋をして感じないようにされています。
 
 
カウンセリングで出し方のトレーニングをしていただく「こんな風に言えば、相手にも伝わりますね。」納得されます。
そして、無理して付き合っていた関係も見直され、自分らしくなっていかれます。
 
 
“怒り”を感じる事でパワフルなご自分を発見されます。
 
感情に良い悪いはありません。
大切に扱って行きたいです。
 

ゲシュタルトセラピー

自分自身の中に小さな女の子がいて

その子が辛くて悲しんでいる。

 

IMG_20171116_204433744.jpg

 

長い間、一人で一生懸命頑張ってきた女の子は

人に頼ったり、甘える事ができません。

 

 

大人になっても辛くて苦しい人生を送っている。

楽になる事もどうすればいいか分からなくて、

色々考えて妄想になり不安がでて自分を追い詰めると、自分を無くしてしまいたい感情にかられる事がある。

 

 

そんな方に対して、自分とのコミュニケーションを取ってもらう事にしました。

 

そんな時には、ゲシュタルトセラピーを提供させていただきます。

 

2つの椅子に自分と小さな女の子を座らせて、感じている事を話してもらい2つの椅子を行ったり来たりして感じている事を話してもらいます。

 

 

真面目でかしこまっていた女の子が、ある時、何にもやりたくない全部投げ出したい!といった時、大人のご自分も同じ、全部投げ出したい! 

 

どうやったらいい?

その後、小さな女の子とコミュニケーションを取られました。

そして、答えが出ました。(自分の中にある本心です。)

 

一人で全部抱えずに、少しずつ人に頼んでみます。(自己一致)

そんなの簡単じゃないと思う方は、そんな風にしたらとアドバイスされるかも知れません。

でも、それはその方にとって簡単ではないのです。

 

 

そうするしか生きてこられなかったのです。

だから、ご自分で答えが出るのを待ってあげられるかがカウンセラーの寄り添い方です。

思考中心のカウンセリングではなく、頭と心が一致するやり方は、感情を感じてもらうやり方です。

 

 

最後、女の子が笑顔になってハートが温かくなると、ご自分もハートが開かれました。

そして、笑顔になられ声が出るようになられました。

 

自分とのコミュニケーションってとても大切です。

頭だけで考えていると混乱してきます。

 

そんな時、ゲシュタルトセラピーはお役に立ちます。

自分と他者との関係についても、気づきがでて整理され落ち着かれます。

 

職場の人間関係の悩み

2015112493410.jpgのサムネイル画像

 

相手から価値観を押し付けられると・・・
大方の人は、嫌な気持ち(怒り)
を感じるのではないでしょうか?
 
 
その時、相手の話を聞きながら、
ひょっとすると相手の価値観や考え方に対して、
自分の価値観や考えとは違う。
相手の考えは間違っていると思うと(エネルギー)は、干渉するというより反発します。
 
 
そして、いつしか
相手とは合わない!と思いこんでしまうかも知れません。
 
 
じゃ、どうしたら良いかと言うと、相手の考え価値観は、
相手のもの、自分の価値観、考えは自分のものお互いに違っていても構いません。
価値観を押し付けられて、嫌な気分(怒り)があるなら、
自分も言わないけれど心の中では相手の価値観、考え方をジャッジしているかなと気づく事・・・
 
 
 
そして、
『あなたはそんな風に考えているのですね。』
『私は、こんな風に考えているかな?』
どうしたら良いでしょうね。と話し合いをする。
 
 
お互いに正しい正しくないとジャッジしている場合には、無理ですが・・・
 
 
価値観、考え方が違うだけじゃない!と気づく事で、自分の事も相手の事も尊重できるようになります。
 
 
 
そんな事わかっているけれど、出来ないのよね!
そんな声が聞こえてきそうですが・・・
それには、トレーニングが必要です。
 
 
 
頭でどんなに理解しても、出来るようになるためにトレーニングをする事は必要ですね。
出来るようになって、初めて、腑に落ちた!になります。
本読んだり、セミナーに出たり、その時には、分かったつもり出来そうな感じですが
家に帰って実際にやってみると、出来ない!
 
 
 
カウンセリングでは、頭だけではなく実際にできるトレーニングも行っています。
何でもそうですが、簡単に直ぐ出来る事は無いですね。
 
 
まず、やってみようかな~
その気持ちをもって試行錯誤しながら行動してみる。
すると、変わって行きます。
 
 
元々、人は、ジャッジしない状態で生まれてきているのではないでしょうか?
色んな事を学び、頑張れば頑張るほど自信がでてくる。
そして、自分の考えやってきたことは正しいと思っても不思議ではないのですが
 
 
その事が人間関係を悪化させることにもなります。
 
みんなと仲良くは出来ませんが、ジャッジされたとしても自分自身が否定されたと思わなければ
怒ったり、悲しんだりしなくて済みます。
 
プライベートでは、ジャッジする人とお付き合いしなくてもいいと思いますが
職場の場合には、簡単にはいかないと思います。
 
職場の人間関係の事でのご相談も多くお受けします。

善い人で生きなくてもいい!

2016214173434.jpg

 

人は皆、自分の中に答えがあります。


その答えを出さずに、人にアドバイスを求めると・・・
自分の答えと違うから、当然、納得できません。



頭では分かっているのに・・・・
同じことを繰り返し“モヤモヤ”して不安になる



自分の考え、答えを出さない。



間違っていたり、否定されるのを恐れているのかも知れません。
こころの奥に過去の出来事で傷ついたエネルギーが残っているのかも知れません。




また、自分で責任を取るのが怖いから・・・
人に意見を求めて、結果が悪かったら責任転嫁できる。

そして“自分の考えを言わない、行動しない”という事を
選択されているかも知れません。


でも、本当は、自分の事を承認できていないから、
人からの承認に執着する。


 

良い人にならなくていい!
良い人で生きなくていい!


 

あなたは、あなただから・・・・
そこに存在している事が、既に承認されています。



等身大の自分で生きる事がありのままです。
とても楽です。



もう、人の目を気にすることなく自分らしく生きてみませんか?


それには、性格を変えるのではなく
自分の考え方を見直してみるだけです。

過去の拘っている考えを見直して、本来の自分に戻るだけでいいです。

 

それには、カウンセリングが可能です。

思考を使ったカウンセリングではなく、エネルギーをつかったカウンセリングです。

波動干渉的関係性アプロ―チでサポートさせて頂いています。

何故かイライラする時!

2015116123645.jpgのサムネイル画像

 

何かわからないけれどイライラしている・・・・

そんな時は、ありませんか?

 

実は、心の奥にある出来事に対しての〝怒り”があります。

お仕事、親子、子育て、パートナーとの事かもしれません。

 

 

ある出来事に対して、言いたい事を飲み込んで

我慢してしまう。

 

そんな時には、心の奥に〝怒り” 〝悲しみ”の感情があります。

その感情が出ないように蓋をしてしまう。

自我を閉じてしまいます。

その方のこころの癖です。

 

感情を感じないようにする事で、溜まってしまいます。

溜まった感情、特に〝怒り”は、出口がないために自分に向かって刃を向けます。

 

それは、自分をせめるという事になります。

すると、エネルギーが下がり、落ち込んでしまう。

 

 

また、溜め込んだ怒りが突然、爆発し止まらなくなってしまう方もおられるのでないでしょうか?

 

イライラしている時には、怒りがある事に気づき怒りを解消する必要があります。

 

ストレス解消は必要ですが、一時的な解消法ではなく

なぜ、怒りが出ているのか(考え方、受け止め方)を変えない限りストレスは続きます。

 

そんな時には、ご相談くださいませ。

 

以前は、ストレスでいつもイライラしていた方が、リコネクティブヒーリング・リコネクションを受けられて・・・・

 

気が付いたら穏やかになっていた。

家族との関係や職場での人間関係がうまく行くようになった。

身体・思考・感情・意識まで調ってくるためです。

 

イライラの原因がわかると、変わってきます。

感情は悪いのではなく、湧き上がってくる自分のものです。

大切に取り扱ってあげましょう。