トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2017年5月

2017年5月

怖がらずに本音を言えますか?

2015116123645.jpgのサムネイル画像

 

あなたは人に本音を言えますか?

本音を言うと否定され、
傷つくので言えないというご相談が多いです。

私自身も、昔、親(父親)に本音を言うと、必ず否定されました。

そして、言わない事を選んでいました。
いつも、言う事を聞いているのに何で
否定し、じぶんの考えを押しつけるんだろう。

こころの奥に“怒り”や“悔しさ”がありました。

将来、言いたい事を言える人と結婚しよう!

結婚して、確かに、言いたい事は言えましたが、
肝心の本音は言えなかった、いや言わなかったです。
否定されたくなかった。

自分の考えを押しつけてくる人が苦手でした。

そして、分かってもらえないという気持ちがありました。
時々、悲しくなりました。

こんなに、やっているのに何で❗

心理学を学び、意見や考え方違っても良い
反対されても人間として否定されない。

私はわたし、自分で考えて良いんだ。

楽になり、自分を肯定することが出来るようになりました。
簡単に変われたのではなく、カウンセラーになるための教育分析カウンセリングを受けてトレーニングした結果です。
“本音をいうと否定される”は、思い込みでした。

相談者の方には、今では、何故そうなのかを分かっていただき
そこまでのプロセスを尊重しながら、こころに寄り添いながらサポートさせて頂いています。
本音を言える事は大切ですね。

恋愛 言いたい事が言えない!

2016107224831.jpg

 

恋愛中で、お相手の事を気遣い、言いたい事が言えない事ってありませんか?

 

相手に何も期待していないと、素のままの自分を出せて楽な方が

一たび恋愛関係になると・・・

 

 

こんな事を言うと、相手から嫌われるや惹かれてしまうかも知れないと思い

言いたい事が言えなくなってしまう。

 

言っても良い事さえ言えなくなり苦しくなり、ある時、関係を終わらせたくなってしまう。

我慢して、言わない事でストレスがたまり、一緒にいる事さえも楽しくなくなってくる。

 

こんな方も多いですね。

 

何を言って何を言わないという事を明確にされ

言っても良い事を伝える事ができる事だけでも2人の関係性が変わってきますね。

素敵な恋愛をしてみませんか

 

恋愛でお悩みの方が、お気軽にご相談下さいませ。 

相手を許せないと思う時!

2015727232747.jpgのサムネイル画像

 

違和感なくお付き合いしていても、

お相手のちょっとした事に対して嫌だな~


 

そんな事を感じる時ってありませんか?

 

気になる(思考)と、その事がとても大きくなって『なんでなの?』

”イライラ”してくる。

 

相手に伝えたいけれど

『言ってもしょうがないか!』『嫌われるかも知れない』

 

この関係を終わらせたくない!

我慢してしまいます。


IMG_20160525_111838892.jpg 

 

同じことが何回か繰り返されて、

その内、許せない気持ちになってくる

 

人によっては、爆発して・・・関係性を終わらせることになるかも知れません。

 

ひょっとして、人との関係を同じように繰り返しておられる方もいらっしゃるかもしれません。


 

お相手の気になる事って・・・

 

実は、自分の中にある物を投影しています。

 

相手は、自分の合わせ鏡です。

 

『似たようなことが、自分にもあるな!』 認められた時

 

そういうこと!

相手の事が気にならなくなります。

自分と同じだから、何となく理解できる。

 

許せない気持ちは無くなります。

 

ダメな所があっても、ダメではない。

そんな自分を受け止める・・・自分にとても優しくなれます。

 

自分のありのままを認める事ができるから、相手、他人の違いを認める事ができます。

 

しかし、他人のありのままを認める事は簡単ですが、家族、大切な人に対しては

甘えが出て、自他の区別がつかなくなる事で難しいかも知れません。

 

人は、お互いの魂が成長する為に出逢っているのですね。

 

イライラ・モヤモヤしてはいけないのではありません。

身体は、教えてくれています。

 

そんな時には、お話にいらしてください。

 

親しき中にも礼儀あり!

2015718213414.jpg

 

恋人・夫婦・親子間での会話で・・・

相手の気のない返事やテンションの低いあいづちなどで、

 

途中で会話をやめてしまう。

 

 

そして、不完全燃焼になって

“イライラ”や“悲しい”気持ちになる事があるかも知れません。むかっ

そんな時には、一方通行のコミュニケーションになっています。

 

 

コミュニケーションは、自分の伝えたい事が

相手に伝わっているかどうかです。

 

 

恋人・夫婦・親子に対してはつい甘えが出て、

相手の状態を考えることなく突然、話しかけたり・・・

 

 

それに対して、明るく言葉を返してくれるのを期待していると、

思っていない様な言葉が返ってきたりして

落ち込む方もおられるのではないでしょうか?

 

 

より良い関係性を築くためには・・・

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

☆身内や恋人間でも、相手の状態を察する

☆『今、この話をしても大丈夫かな?』とたずねる。

☆『話したい事(聞きたい事)があるんだけれど、今、いいかな?』と、前ふりをする。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~                                    

 

疲れている時に、突然話しかけられたりすると、

“イラッツ”として、不機嫌な態度を出すと思います。

それは、相手との信頼関係があるから安心して出しているかもしれません。

 

 

ことわざに“親しき仲にも礼儀あり”があります。

 

相手の事を尊重する=自分の事を尊重する事にもつながります。

 

コミュニケーションは、自分と相手の事を尊重して行われる事で、良くなります。