トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2016年5月

2016年5月

嫌われたくない!

価値観の押し付けのサムネイル画像

 

恋愛でお相手から嫌われたらどうしよう?

 

不安に感じておられる方が多いです。

 

確かに好きになっているお相手だから・・・・

常に相手は、自分の事をどう思っているのだろうかと確かめたくなる方もおられます。

 

いつもメールを出し返信を待ち続ける。

 

メールの返信が遅い事で、嫌われているのではないだろうかと・・・

 

人によっては、仕事も手につかなくなる方もおられます。

 

すると、お相手は、面倒な人だな~と距離を置かれる事になります。

 

酷い場合には、別れを告げられるとか?

 

メールの返信は、早い人と遅い人といるみたいです。

内容によっては、どう返事したらいいか迷って返事が遅くなる人もおられます。

 

返事が来ない事で、あ~かな?こ~かな?と考えて(妄想)不安に感じるより

疑問な事はお聞きになられてはいかがでしょう?

 

もし、聞かれた事で怒ったり、嫌われたら・・・・どうしよう?

 

そんな方と一緒に居たいと思いますか?

また、必要以上に気を遣わなければいけない人と一緒にいたいと思いますか?

 

楽しくないですね。

 

嫌われたら怖いと、自分の事を後回しにして相手の事を優先して相手に喜んで貰いたいと行動していると

ほんとうに、自分が楽しい事も分からなくなってしまいます。

 

自分が楽しむ事でお相手にも喜びが伝わり・・・

この人と一緒にいたいと思われます。

 

恋愛では、今ここを楽しみましょう。

感動的なセッション!

直感でしょうか?のサムネイル画像のサムネイル画像

 

現在、人間関係に関して問題がある場合には、

過去のある出来事に対しての未完了の感情が残っている事があります。

ある人を苦手な人だと思っている時、過去の誰かを投影していたり・・・

カウンセリングを行って行くなかで
現在の人間関係が過去のある出来事からきているのでは?

気づく時がきます。
カウンセリングが安心な場でなければ、難しいかも知れません。

前回、ゲシュタルト療法を受けられた方がご自分を解放された後、原点に気づかれました。

そして、色んな事が繋がりご自分を自己受容されました。

その方にとっての、一つの物語が終わりを告げました。

本来のご自分に戻られた感じです。

側にいて、とても感動しました。
言葉にならない感覚です。❤

人間って素晴らしいです。✨

頑張っているのに何故うまく行かないの?

2015112493410.jpgのサムネイル画像

 

今、努力している事は、
“しあわせ❗”に向かっていますか?
 
 
 
それとも結果がでていないように思う。
 
 
 
“一生懸命やっているに、結果が出ない” のであれば
 
やり方を変える必要があるかも知れません。
 
 
 
特に、セミナー、本を読んでこれなら良いかも?
 
 
 
やってみても上手く行かない。
そして、更に努力する。
 
 
 
いつしか、『~ねばならない!』 になって苦しくなっていませんか?
 
 
 
辛い、苦しいなら、その方法が、自分にあっていないかも知れません。
 
 
 
人が成功したから、同じことをして成功するかは、別だと思います。
 
 
 
自分で考えて(感じて)行動する事でワクワクします。
 
 
 
じぶんに合うものは楽しいから続けて行けます。
そして、いつしかそれが得意になって行きます。(≧▽≦)
 
 
 
誰かを“幸せ”にしてあげたい!
 
 
その前に、まず自分が“しあわせ❗”になる事が必要ではないでしょうか?
 
 
 
今、あなたが行っている事は、“しあわせ”の方向へ向かっていますか?
 
 違うとしたら、やり方を変えてみる必要があるかも知れません。
 
 
 

小さなカウンセラー役を演じていた!

2015718213414.jpgのサムネイル画像

 

小さい頃から、ご両親の仲が悪くて

お母様から、いつも『お父さんの愚痴』を

聞き続けてこられた方が多い様です。


 

夫婦喧嘩しているのを見るのも辛いし・・・

そして、お母さんから『お父さんの愚痴』を聞かされるのも辛い。

 

 

小さいながら“どうして良いかわからず”お母さんの言う事を鵜呑みにされお母さんをかばってこられました。

 

そして、いつしか『何とかしてあげなければ・・・』と

お母さんを助けたい、役に立ちたいと思うようになられた。

 

 

大喧嘩して、愚痴を言っていたお母さんが

お父さんと翌日、何もなかった様に過ごしている。

 

 

子供だから・・・

両親の中で何が起きているか判らなく迷ってしまう。

 

子供として生きることが許されなかった。

 

親から本当は、守って欲しかったけれど・・・

 

親のための小さなカウンセラーとしてに立っているという事で生きて来られました。



大人になって・・・

小さい頃の事は理解できるようになっている。

 

時々、その時のことが思い出される(未完了の感情が残っています

 

そして、相手の言っている事を深読みしたり

 

簡単に幸せになれない。(幸せのイメージがわからない)


 

悩んでいる人の事が必要以上に気なり、何とかしてあげなければと思い相手におせっかいをしてしまう。

 

 

相手との距離がとれずに生き辛くなっている。

 

以上は、いけないことではなく小さなカウンセラー役をひょっとして、今でも無自覚でなさっているかもしれません。

 

 

そして、ご自分が苦しくなっているかもしれません。

 

 

お相手を優先してご自分を生きておられない方に多いかも知れません。

小さなカウンセラー役を終わらせる事が必要になってくるでしょう。


悩んでいる方に対して勝手なアドバイスをされるより・・・

 

ただ、お話をじっくり聴いてあげては如何でしょう?

 

じっくり聴く・・・スキルが必要になってきます。

 

ご自分らしく・・・・お分かりにならない方もおられるかも知れません。

 

ただ、どうしていいか分からない、自分で考えられない方は

 

どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。

 

感情に蓋をしていませんか?

2016214173434.jpgのサムネイル画像

 

ご相談の中で・・・
 
怒りの気持ちが収まらなくて
 
 
“爆発!”
 
 
 
 
その後、自分の気持ちをコントロールできないという方もおられます。
 
長い間、感情を感じない様に蓋をしてこられた方に多いです。
 
 
 
湧き上がってくる感情(怒り・悲しみ・悔しさ)を感じないで、その場の出来事に対して・・・
 
思考で、早く忘れよう!
 
 
 
 
相手に嫌われたくないから良い事にしよう。!
 
 
 
こころは、納得できていないけれど頭で切り替える・・・
 
 
 
すると、心の中は、“モヤモヤ・ザワザワ”します。
 
 
 
 
感情に蓋をしている事も感じておられません。
 
 
溜め込んだ感情が、突然、スイッチが入ると憤りとなって“爆発”
 
 
 
 
怒りの出し方が分からないので、コントロールが出来なくなって当然でしょう。
 
 
 
その後、ご自分を責めて落ち込んでしまわれます。
 
 
 
そして、お相手は、驚き、怖くなります。
 
関係性が悪くなり・・・別れる原因になるかも知れません。
 
 
 
そうなるには、性格がいけないのではなく、意味があります。
 
 
 
カウンセリングで、その意味が分かると、安心され・・・
 
感情のコントロールが出来るようになりたいと自分の目標を立てられます。
 
 
 
 
周りからの印象は、いつも笑顔で明るくて、良い人みたいです。
 
 
身内以外には本当の自分を出さない様にいい人のふりをしている。
 
その事に対して、“ストレス”だという事も感じておられなかったようです。
 
 
 
感情に蓋をしていませんか?
 
 
 
湧き上がってくる感情に良い悪いはありません。
 
 
 
 
感情を感じる事は、自分を大切にできる第1歩です。
 
 
 

感情に向き合う事で自分を大切に出来ます。

2015712212814.jpgのサムネイル画像

 

思考優先で・・・
感情に蓋をして感じていない方が多いように思います。
 
 
 
自分を大切に、自分を輝かせるのは、
 
感情をたいせつにできているかどうかです。
 
 
 
 
目標(思考)をもって一生懸命頑張ってうまく行かない。
 
 
 詳しく伺うと・・・
目標が、ご自分本来のものではない事があります。
 
 
 目標に向かっている時には、行っていることに対して
 
 
“ワクワク”や楽しみがあります。
 
 
 
それは、頭で考える事では無く
 
感情、身体で感じる情動です。
 
 
知識で武装をして感情に蓋をされている方もおられます。
 
 
感じてはいけない感情はありません。
 
 
 
感情は、湧き上がってくるものです。
ただ、感じてあげるだけでいいです。
 
 
 
 
 悲しみ・怒りを溜め込んでおられる方も多いです。
 
お話をお聴きして、それを感じたときに・・・
 
『長い間、辛かったですね』とお伝えするとき、涙を流されます。
 人によっては、号泣される方もおられます。
 
 
 
やっと、感情に向き合われたのでしょう。
 
向き合わずして、感情を解放する事は、なかった事にする事です。
 
 
 
感じても安心安全だという事を感じながら、感情に向き合う・・・
 
 
 ご自分を大切にすることだと思います。
 
 
すると、身体は、あなたに必要なメッセージをくれます。
 
感情に向き合う時には、
 
 
自分の感情に向き合っているカウンセラー・セラピスト・ヒーラーさんを選ばれた方がよいでしょう。
 
 
 自分を大切にできてこそ、ご自分を輝かせることが可能です。
 
 

人間関係が苦手です

2015822104111.jpgのサムネイル画像

 

人間関係が苦手だといわれ方の中に
 
人の話を深読みして
 
落ち込んでしまう方が多いようです。 
 
 
 
 
深読みをしている時は、どちらかというと自分に対してマイナスに考えて不安になっておられるようです。
 
 
 
 
 
 
そして、人に対して必要以上に繊細になり緊張されいます。
 
そんな自分に自信が持てなくて嫌だといわれます。
 
しかし、気の合う友人とは深読みもなく、気軽に会話されているそうです。 
 
 
 
 
 
深読みがいけないというより
 お話を聞いてみると、過去、人に言われた事で傷ついた体験があり
 
その後、深読みが始まったとか・・・
 
 
 
 
 
そんな時には、過去の体験を“今、ここ”で再体験してもらいます。
 身体は正直です。
 
苦手な方を前にした時、姿勢や身体の感覚や感情がでてきます。
 
緊張しておられます。
 
 
 
 
 
 
 
その時、本当はいいたかったけれど、止めてしまった。(未完了の感情)
 
その時の様子が身体をとおして納得されます。
 
その時、未完了の感情を処理する事で変化されます。 
 
 
 
 
そして、『なるほど~そういうことだったのか・・・』に気づき・・・ 
 
変わられます。
 
 
 
 
 
人間関係が苦手という方は、過去の未完了の感情から起きていることがあります。