トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ>2015年7月

2015年7月

人にコントロール(支配)されて生きていきますか?

2015730104453.jpg

 

こころ穏やかに暮らして行きたいと思っている方が多いのではないでしょうか?
 
それぞれの方が、自分らしく生きて行く自由があると思います。
 
 
 
例え親であっても、子供の生き方を尊重して
 
親の考えや生き方を押し付けてはけないのではないかと思います。
 
 
 
例えば、しつけが厳しい家に育ち、
 
『ああ、しなさい。こうしなさい』って
 
 
 
 
親からガミガミ言われて育った子供は、
 
社会にでて、自分の考えで生きて行くことに迷いを生じ
 
苦しみながら生きて行かれています。
 
 
 
 
『こうしたいと思う』けれど、『果たしてどうなんだろうか?』と
常に頭で考えて葛藤を持ちながら、先に進まない時があります。
 
 
 
ある意味、親に小さい頃からの強力な呪文をかけられています。
 
それは、良い悪いというより、世代間の連鎖です。
 
 
例えば
 
 
☆親孝行をしなければいけない。
 
☆泣いてはいけない。
 
☆しっかりしなければいけない。
 
☆人に迷惑をかけてはいけない。
 
☆優秀でなければいけない。
 
☆そんな事をしたら、人に笑われる。
 
 
 
その呪文を解くには、時間がかかります。
 
しかし、その方のイメージの中で起きている事なので、変わります。
 
 
それには、クライエントさんが、自分の考えや行動に対して、
『自分に許可』を与えられる様になることです。
 
 
 
そして、自立し自分で考えて、自分らしく生きて行かれるようになることです。
 
 
 
人の目を気にして、人からコントロールされて生きていくと自分としての実感がないのではないでしょうか?
 
 
理論では簡単ですが、実際は、大変ですが・・・
 
 
 
シータ波で潜在意識に働きかけますので一瞬で置き換わり、イメージが変わります。
 
 
クライエントさんに思いを馳せ、受容・共感しながら脳をシータ波にして
クライエントさんの潜在意識に働きかけるカウンセリングを行っています。
 
 
 
心理カウンセリングだけよりも回数は少なくなってきます。
 
 
 
自分の人生です。
 
自分で創造して行きたいですね。
 
 
私自身、人の人生に関わるという事では、カウンセラーとして自分自身を見つめ
“思い込み”をどんどん置き換え、考えがシンプルになっています。
 
 
 
そして、日々、穏やかに過ごしています。
 
 
また、家族の協力と大勢の方の支えで今がある事に感謝しています。
 
一人で抱えないで、気軽にご相談ください。
 
 
 

苦手な人との関係性は?

2015729191110.jpg

 
人が何人が集まると、苦手な人がいてもおかしくありません。
 
 
気が合う人の場合には・・・
 
どんな態度をとっていますか?
 
 
笑顔で、アイコンタクトをとりあいさつも明るく
 
お相手にも“感じが良い人だな~”と伝わります。
 
 
苦手な人の場合には・・・
 
どんな態度を取っていますか?
 
 
挨拶をしたくなくて、目をそらし、
 
相手を避けたり、疎遠にしたり
 
お相手には“嫌な感じの人だな~”と伝わります。
 
 
両者の関係は、益々悪化して行く事でしょう。
 
 
 
毎日、顔を合わせている関係であれば、必要以上に親しくなる必要はありませんが気軽に挨拶ぐらいできる関係になっていたいですね。
 
 
職場に苦手な人がいて、あまり挨拶をしていないのであれば
 
その人とアイコンタクトをしっかりとって『おはようございます』と言ってみませんか。
 
 
何度か挨拶を交わしている事で親しみが湧いてきます。
 
 
 
職場や仕事先で苦手だと感じる人が一人づつ減って行けば、ストレスが軽減されますね。
 
是非、試してみてはいかがでしょう。
 
 
 
人間関係で悩んでおられる方は、お気軽にご相談くださいませ。
 

 

変化は行動から~

2015727232747.jpg

 

悩んでいる事が解決して、楽になり、これからどうして行くか?
 
イメージして考えた時・・・
 
 
 
その際に、経験した事がない事は“出来るかも知れない!”と思えても実際に経験をしないとイメージしただけでは実感が出来ませんね。
 
 
 
実感がないからと行動しないと何も起きてきません。
 
 
種をまかないとお花が咲かないと同じです。
 
種をまき、お水をやり肥料をやり、素敵なお花に育ちますね。
 
 
 
楽になったら・・・
 
 
さあ~あなたは、どんな風に行動しますか?
 
 
考えながら行動されるといいかも知れません。
 
目標に向かって焦らずに頑張ってくださいね。
 
 
 
やりたい事が分かっているのに今一つ行動に繋がらない方・・・
 
”思い込み”があるかも知れません。
 

自分に自信がない!

2015723213524.jpg

 

仕事をしていると、いつも失敗する事を恐れている。

 
失敗したら、どうしよう!
 「仕事が出来ない人とおもわれるのではないだろうか?」
 
考え込んで仕事に集中できない。
 
仕事に対してのモチベーションがどんどん下がって、自信がなくなり
 会社に行くのが辛くなる。
 
こんなご相談も多いです。
 
大丈夫です。
 何故、失敗を恐れるようになられたかが分かる事で解決の糸口が見つかります。
 
おはなしをお聴きしながら、過去の出来事でトラウマが生じ
 その事を現在まで引きずり自信がなくなっていた事に気付かれます。
 
仕事に対して、本来、その方が持ち合わせている強みを引き出すことで
 さらに大きな気づきが・・・
 
それは、その人らしいあり方です。
 
最後に、シータヒーリングをつかい、思い込みを置き換え、その思考をやりやすくする感覚感情を呼び覚ますと・・・
 
思考が変わられ、自信が少し出て来た。
 
やれそうです。
 それで、終わりではなく、行動に結び付変化して頂くまでサポートさせていただいています。
 
自分らしく在ることで輝かれます。
 
日々、相談者の過去を解放して自分らしくなって行かれる事のお手伝いは感動です。
 
カウンセリングは、まだまだ敷居が高いと思い込んでおられる方も多いようですが
 
相談者のニーズにお応えしております。
 お気軽にご相談下さいませ。
 

親からの呪縛を解放してスッキリ!

2015720174727.jpg

 

今まで心の中にあった“モヤモヤ感”が、自分の限界や恐怖を感じる基になっている事に気づかれる事があります。
 
それは、小さい頃から親から事あるごとに投げ掛けられた、否定的な“言葉”でした。
 
 
 
それが、今でも、何か行動しようとすると頭の中で、
 
まるで【呪文】の様に聞こえてきて・・・
 
 
 
 
恐怖を感じたり自己否定になり落ち込んで辛くなっていた。
 
.その事を理解されたとき“これから、どうしますか?”
 
とお聞きした時、ハッキリとご自分の意志で“解放”したいと決定されましたので心理療法を提供しました。
 
 
 
物の見事、ご自分の手で“解放”され…
 「スッキリ、心が軽くなりました!」と話されました。
 
 
 
その後、こころの空いたスペースにご自分の価値観を根付かせる様にグランディングして頂きました。
 
長い間、「駄目な自分」を抱えながら生きてこられていましたが、
 
「駄目な自分ではない」と言うことを認められた時、
 
自分を受容されていました。
 
 
 
優しいオーラを感じました。
 とても感動的でした。
 
 
 
今まで特に繊細に接してきました。
 カウンセラーは、焦ってクライエントさんの変化を急ぐ必要はない。
 
クライエントさんが、必要な時期に必要な事を手にいれ大きく変化して行かれる。
 まさに、最高最善のタイミングで!
 
 
カウンセラーとして、信頼関係を築きクライエントさんを信じて(無条件の愛)ひたすら寄り添って行けるかどうかでしょうか。
 
カウセリングは、アフタケァとして、これからも続けていかれます。
 
私達は、理想の親に育てられていないので、
 
多かれ少なかれ【親からの呪縛】があるかも知れません。
 
 
 
 
 
その呪縛から解放された時、
 
自分らしく自由に生きて行けるのではないでしょうか?
 
何とも表現できなかった“こころの拡がり”=自由を感じます。
 
 

相手に認めてもらうために頑張るのを止めます。

2015719185833.jpg

 

今まで頑張らないと認めてもらえないと思い一生懸命努力してきたけれど
 
満たされたなかった。
 
 
 
自分の為と言うより、相手の事を優先し
 
常に、認めてもらいたいと思っていた。
 
 
“思い込み”が見つかった時・・・
 
“思い込み”を新しい思考に置き換え、感覚感情を呼び覚ました時・・・
 
 
楽になられ・・・
 
これから『自分を大切にしていきたい。そして、相手に認めて貰うために頑張るのは止めます。』と、
ほっとしたような顔で話されます。
 
 
 
そして、自分の人生を自分の手で創り直したいと
 
将来に対して、明かりがみえ前に進んで行かれます。
 
 
 
今、悩んでいる事は、必ず解決できます。
 
悩んでいる事に意味(利点)があります。
 
 
 
その答えは、あなたの中にあります。
 
諦めないで、ご自分と対話してみてはいかがでしょう。
 
 
過去と相手は変わりません。
 
あなたの未来は変わります。
 
 
一人で出来なかったら、どうぞ、お気軽にご相談くださいね。
 
 
 

自分の事が嫌いですか?

2015718213414.jpg

 

結婚は、人生のプロセスの中のひとつ出来事です。
 
 
 
日々、自分の物事に対する受け留め方(認知)で感情と行動が変わります。
 
 
 
いい結婚をするには・・・
 
 
 
日常『今、ここ』をいかに自分らしく大切に生きることでしょうか?
 
 
 
 
断るのが悪いからと本当のことを言わないで『うそ』をついたり・・・
 
 
 
よく思われたいからとして自分を偽ったりしていると、それらは自分に返ってきます。
 
 
 
その事で、自分の事が嫌いになるかも知れません。
 
 
 
 
 
 
そして、自分の事を嫌って生きているとしたら・・・もったいないかな?
 
 
 
自分が自分の事を嫌っていると・・・
 
 
 
結果、恋愛や仕事がうまく行きません。 
 
 
 
 
そして“私は愛されない人”や“私はダメな人”と 
 
 
 
勝手に思い込んでおられるかも知れません。
 
 
 
 
自分の事を嫌うには、その人なりに理由があります。
 
 
 
それは、過去の出来事で・・・悲しい・悔しい・怒りの感情を閉じ込められたか?
 
 
 
または、なかった事にされた事で、その感情は行き場がなくて・・・
 
 
 
結果、ご自分を責めること・・・ご自分を嫌う事で落ち着いているかも知れません。
 
 
 
そして、身体は、その事をとても嫌がっていると思います。
 
 
 
“自分の事が嫌い”の裏に
 
 
 
ひょっとしたら、あなたが大きく変化していくチャンスが隠れているかも知れません。
 

人に対して壁を作ってしまう!

2015716184419.jpg

 
カウンセリングで多いご相談内容が
 
 
人間関係での悩み、というがその奥にある対人関係の悩みがある方がほとんどです。
 
 
ある人に対して(対人関係)壁をつくってしまう。
 
いけない事だと判っても、中々変えられない。
 
 
その方は、人に関わるお仕事をされていただけに辛かったようです。
 
何故、そうなるのか・・・
 
 
詳しく伺うと
その根本は、過去の母親との関係から来ていました。
 
その時に感じた感情に蓋をして関わりたくない!
 
 
 
距離を置きたいと、ご自分から行動していた事に気付かれ・・・
 
納得されます。(過去の未完了の感情)
 
 
 
その時学んだ事『人と、距離をとる。』を終わらせ、
 
『人に壁をつくる事無く、人間関係を築く事は可能であり安心安全である』
 
その他、必要な感覚感情を呼び覚ましました。
 
 
今まで壁をつくっていた人の事を想い出してもらうと・・・
 
 
問題なさそうです。
出来そうです。
 
変化されました。
 
 
恋愛・婚活・結婚・職場がうまく行くか行かないかは人間関係(対人関係)にあります。
 
 
その原因をお相手に求めたがられますが
 
 
カウンセリングを受けられる事で、全ては自分の思い(未完了の感情)から生じている事が分かられる事で、
現在の関係性も変わってきます。
 
 
最後に残るのは人間関係ですね。
 
うまく行くコツがわかると、人生を楽しめるし、どんなに年を重ねても心配ないでしょう。
 
人間関係の事でお悩みは、お気軽にご相談くださいませ。
 

傷ついた人間関係は人間関係で癒せます。

2015715215118.jpg
 
 
人間関係は、じぶんの思い通りに、きれいにスッキリとはいきません。
 
人間関係に傷つき・・・
本当は人に認めてもらいたいけど、怖くて避けるようになっている。
 
一番の元は、過去の親子関係(対人関係)
の中で学べなかった“愛”“信頼関係”です。
 
でも、親から認められたくて、顔色を伺い親に喜んで貰えるように、健気に頑張ってきた。
 
気がついたら、“良い子”を演じていた。
 
こんなに頑張って来たのに、満たされ感じがしない。
 
辛い人生を生きている。
でも、決心すると、いつからでも変化は可能です。
 
人間関係で傷ついた心は、コミュニケーションを通して人間関係で癒されて行くのでは?
 
長年の臨床経験から感じます。
 
それには、心理カウンセラーとして、自分自身に向き合い、こころを調える事が必要だと思います。
 
一人で悩まないで、どうぞ、ご相談下さいませ。
 
 
 

自分を大切にお相手を大切にする事とは

2015712212814.jpg

 

穏やかな人との会話は、安らぎを感じますね。
 
  一緒にいて居心地が良いかと思います。
 
それとは反対に相手から上から目線の言い方で言われたら
 
もし、職場の上司が、親が、彼が、夫がそうだったとしたら・・・
 
 
 
 
いつも『すみません』『ごめんなさい』という言葉で謝りながら
ビクビクしたり、緊張状態がストレスフルで体調が悪くなるかも知れません。 
 
 
 
そんな方のご相談が多いです。
 
 
 
感情を抑圧・・・というよりも感情を感じておられません。
 
 
上から目線で叱責された時に『今、ここ』、自分の事を大事にしていると・・・
 
怒りや悔しさ・悲しさの感情がある事を感じ取れると思います。
 
 
 
それらの感情がある事を認めて許した時、感情は解放されます。
 
 
その後、出てくる言葉はひょっとしたら『すみません』『ごめんなさい』という言葉ではないかも知れません。
 
 
 
感情を認めていなかった事に気付かれた時・・・・
『感情は、感じていいんです。感じる事は、子供ではありません。』
 
 
 
ある方は、感情を感じることは子供かなと思い、そんな自分の事が嫌いだったという方もおらました。
 
 
そして、ストレスを溜め体調が悪くなっていたとの事
 
 
いつも『すみません』と言っていたが、感情を認められた時に出てきた言葉は、違っていたそうです。
 
 
ご自分でも驚かれたそうです。
 
 
人は、みな『今、ここ』でしか生きられません。
 
 
 
『今、ここ』で自分が、何を考えどんな気持ち、感情があるという事を知っているとう事は必要ですね。
 
それが自分を大切に、相手の事も大切にできる事ではないでしょうか?
 
 
感情は沸き上がってくるもので善い悪いはありません。
 大切に扱ってほしいと思います。