トップ>青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ

青い鳥カウンセリングルーム 青柳たみゑブログ

怖がらずに本音を言えますか?

2015116123645.jpgのサムネイル画像

 

あなたは人に本音を言えますか?

本音を言うと否定され、
傷つくので言えないというご相談が多いです。

私自身も、昔、親(父親)に本音を言うと、必ず否定されました。

そして、言わない事を選んでいました。
いつも、言う事を聞いているのに何で
否定し、じぶんの考えを押しつけるんだろう。

こころの奥に“怒り”や“悔しさ”がありました。

将来、言いたい事を言える人と結婚しよう!

結婚して、確かに、言いたい事は言えましたが、
肝心の本音は言えなかった、いや言わなかったです。
否定されたくなかった。

自分の考えを押しつけてくる人が苦手でした。

そして、分かってもらえないという気持ちがありました。
時々、悲しくなりました。

こんなに、やっているのに何で❗

心理学を学び、意見や考え方違っても良い
反対されても人間として否定されない。

私はわたし、自分で考えて良いんだ。

楽になり、自分を肯定することが出来るようになりました。
簡単に変われたのではなく、カウンセラーになるための教育分析カウンセリングを受けてトレーニングした結果です。
“本音をいうと否定される”は、思い込みでした。

相談者の方には、今では、何故そうなのかを分かっていただき
そこまでのプロセスを尊重しながら、こころに寄り添いながらサポートさせて頂いています。
本音を言える事は大切ですね。

恋愛 言いたい事が言えない!

2016107224831.jpg

 

恋愛中で、お相手の事を気遣い、言いたい事が言えない事ってありませんか?

 

相手に何も期待していないと、素のままの自分を出せて楽な方が

一たび恋愛関係になると・・・

 

 

こんな事を言うと、相手から嫌われるや惹かれてしまうかも知れないと思い

言いたい事が言えなくなってしまう。

 

言っても良い事さえ言えなくなり苦しくなり、ある時、関係を終わらせたくなってしまう。

我慢して、言わない事でストレスがたまり、一緒にいる事さえも楽しくなくなってくる。

 

こんな方も多いですね。

 

何を言って何を言わないという事を明確にされ

言っても良い事を伝える事ができる事だけでも2人の関係性が変わってきますね。

素敵な恋愛をしてみませんか

 

恋愛でお悩みの方が、お気軽にご相談下さいませ。 

相手を許せないと思う時!

2015727232747.jpgのサムネイル画像

 

違和感なくお付き合いしていても、

お相手のちょっとした事に対して嫌だな~


 

そんな事を感じる時ってありませんか?

 

気になる(思考)と、その事がとても大きくなって『なんでなの?』

”イライラ”してくる。

 

相手に伝えたいけれど

『言ってもしょうがないか!』『嫌われるかも知れない』

 

この関係を終わらせたくない!

我慢してしまいます。


IMG_20160525_111838892.jpg 

 

同じことが何回か繰り返されて、

その内、許せない気持ちになってくる

 

人によっては、爆発して・・・関係性を終わらせることになるかも知れません。

 

ひょっとして、人との関係を同じように繰り返しておられる方もいらっしゃるかもしれません。


 

お相手の気になる事って・・・

 

実は、自分の中にある物を投影しています。

 

相手は、自分の合わせ鏡です。

 

『似たようなことが、自分にもあるな!』 認められた時

 

そういうこと!

相手の事が気にならなくなります。

自分と同じだから、何となく理解できる。

 

許せない気持ちは無くなります。

 

ダメな所があっても、ダメではない。

そんな自分を受け止める・・・自分にとても優しくなれます。

 

自分のありのままを認める事ができるから、相手、他人の違いを認める事ができます。

 

しかし、他人のありのままを認める事は簡単ですが、家族、大切な人に対しては

甘えが出て、自他の区別がつかなくなる事で難しいかも知れません。

 

人は、お互いの魂が成長する為に出逢っているのですね。

 

イライラ・モヤモヤしてはいけないのではありません。

身体は、教えてくれています。

 

そんな時には、お話にいらしてください。

 

親しき中にも礼儀あり!

2015718213414.jpg

 

恋人・夫婦・親子間での会話で・・・

相手の気のない返事やテンションの低いあいづちなどで、

 

途中で会話をやめてしまう。

 

 

そして、不完全燃焼になって

“イライラ”や“悲しい”気持ちになる事があるかも知れません。むかっ

そんな時には、一方通行のコミュニケーションになっています。

 

 

コミュニケーションは、自分の伝えたい事が

相手に伝わっているかどうかです。

 

 

恋人・夫婦・親子に対してはつい甘えが出て、

相手の状態を考えることなく突然、話しかけたり・・・

 

 

それに対して、明るく言葉を返してくれるのを期待していると、

思っていない様な言葉が返ってきたりして

落ち込む方もおられるのではないでしょうか?

 

 

より良い関係性を築くためには・・・

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

☆身内や恋人間でも、相手の状態を察する

☆『今、この話をしても大丈夫かな?』とたずねる。

☆『話したい事(聞きたい事)があるんだけれど、今、いいかな?』と、前ふりをする。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~                                    

 

疲れている時に、突然話しかけられたりすると、

“イラッツ”として、不機嫌な態度を出すと思います。

それは、相手との信頼関係があるから安心して出しているかもしれません。

 

 

ことわざに“親しき仲にも礼儀あり”があります。

 

相手の事を尊重する=自分の事を尊重する事にもつながります。

 

コミュニケーションは、自分と相手の事を尊重して行われる事で、良くなります。

 

感情のコントロールが難しい!

2015822104111.jpgのサムネイル画像

 

イライラは、自分の“思い込み”から来ています。

感情のコントロールができないというご相談を受ける事が多いです。

 

というより、感情を感じていない方が多いようです。

 

“怒り”を出してはいけない!

人前で泣いてはいけない!


感情を感じる事と、出す事は違います。

感情を出す事は恥ずかしい事だという事をしつけられてきた方が多いのでしょうか?

 

 

そして、いつしか感情を抑えて、まるで感情がないかのように生きてこられた。

それは、行けない事ではなく・・・

 

自分を守るためにしてきた事です。

 

大人になり、感情を感じていないために、

こころの中で“モヤモヤ” “ザワザワ”した感覚がでて、意味が分からずに悩み

辛くなっている事もあります。

 

抑圧した感情は、溜まり・・・いつしか爆発!

そして、ひどい時には、お相手との関係性を壊してしまう事にもなります。

 

爆発した感情は、コントロールが出来なくなり自分を責めてしまう。

 


実は、根底に“否定的な思い込み”があります。

 

自分で思い込みを変えるという事は、とても難しいですね。

 

“思い込み”がいけないのではなく

ある出来事で学び自分を守る為の“思い込み”でした。

 

”否定的な思い込み”がある事で、

 

人間関係がうまく行かないなら改善する手立てがあります。

 

認めたうえで、次に改善する事は可能です。

それは“否定的な思い込み”を置き換える事で改善されます。

 

 

感情をコントロールできない事は、恥ずかしいと思っている方も多いようですが

一人で悩まずに、お気軽にご相談下さいませ。

 

自分らしく生きて行きたいけれど怖い!

2016107224831.jpgのサムネイル画像

 

人間関係で、人に嫌われたくなくて
周りの目が気になり、自分らしくいられなくて・・・
苦しいと仰る方が多いです。
 

とても疲れる。
 

周りからみると“とても、好い人”のようです。

そんな生き方は、もう止めたい!
でも、自分らしく生きたら嫌われるようで恐い。

 

誰のための人生ですか?
 

お聞きすると“はっ‼”気づかれます。

そして、感情を感じないようにしてきた事に気づかれます。

その方にとって、感情を感じる事は危険だったようです。


自分の人生を生きる・・・

自分の感情を大切に感じてあげる事です。

自分らしい人生=ありのままの自分を生きる。

ほとんどの方は、頑張りすぎないで穏やかに生きて行きたい。
 

自分を変えるのではなく、自分らしく
ありのままの自分になっていかれる事を望んでおられます。

実際には、どうしたらいいかわからないのでカウンセリングで本来のご自分に気づいてもらいます。

 

ご自分が求めている事だから、楽になられます。

 

ご自分の人生を生きていますか?

テスト

テスト

何もできなくてもいいただ笑顔でいよう!

2015712212814.jpgのサムネイル画像

 

何もできなくていい。

ただ笑顔でいよう。

 

笑顔でいると、不思議と何事もうまくいく。

ほほ笑まれた相手も、自分も心豊かになれるから。

 

  『置かれた場所で咲きなさい』 渡辺和子著

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★

 

怒りが出ている時、悲しみが出ている時

その感情をないものとせずに大切に扱ってあげましょう。

 

ゆっくり深呼吸をして、その感情に微笑んでみてはいかがでしょう。

気づきがあります。

そして、自分の事を大切にできます。

 

怒り悲しみはネガティブなエネルギーかも知れませんが

気づきは、ポジティブなエネルギーです。

 

どちらを選択されますか?

すべては、あなたの選択、行動次第で人生は変わって行きます。

 

諦めないでください。キラキラ

ネガティブな考え

2015729191110.jpgのサムネイル画像

 

世間では、ポジティブな考え(感情)は良くて
ネガティブな考え(感情)はいけない    
 
という風潮がありますが・・・果たして、そうでしょうか?
 
 
本当は、ポジティブ、ネガティブという感情はなく感情は、良い悪いではなく湧き上がってくるものです。
 
 
 
いけない事だと思っていると、
ネガティブな感情を持っている事を怖がったり、不安に感じたり される事になります。   
 
 
 
 
ポジティブに考えたくても出来ない時もあります。
例えば、人間にはバイオリズムという生態リズムがあります。   
 
 
 
それにより、多少なりとも感情が左右される時もあります。 
また、睡眠不足や疲れがたまっている時にも感情が左右されます。   
 
 
 
 
 
そんな時に、何か困ったことが起きると・・・
 
 
 
ネガティブな感情を持ってしまっても不思議ではないですね。   
 
 
 
ある時には、ネガティブな感情に押しつぶされそうになる時もあるかも知れません。
 
 
そんな時、気持ちが一杯いっぱいになり・・・   
不安で怖くなってしまうかも知れません。 
 
 
そして、ネガティブに考えてしまう自分を責めたりの悪循環がおきて・・・ 
 
 
どうしようもなくなる    
 

意味も分からずにイライラする!

2015112493410.jpgのサムネイル画像

 

何かわからないけれどイライラしている・・・・

そんな時は、ありませんか?

 

実は、心の奥にある出来事に対しての〝怒り”があります。

お仕事、親子、子育て、パートナーとの事かもしれません。

 

ある出来事に対して、言いたい事を飲み込んで

 

我慢してしまう。

 

実は、心の奥に感情〝怒り” 〝悲しみ”があります。

その感情が出ないように蓋をしてしまう。

 

その方のこころの癖です。

 

感情を感じないようにする事で、溜まってしまいます。

溜まった感情、特に〝怒り”は、出口がないために自分に向かって刃を向けます。

 

自分をせめるという事になります。

そして、エネルギーが下がり、落ち込んでしまう。

 

また、溜め込んだ怒りが突然、爆発し止まらなくなってしまう方もおられるのでないでしょうか?

 

イライラしている時には、怒りがある事に気づき怒りを解消する必要があります。

ストレス解消は必要ですが、一時的な解消法で

なぜ、怒りが出ているのか(考え方、受け止め方)を変えない限りストレスは続きます。

 

そんな時には、ご相談くださいませ。

 

以前は、ストレスでいつもイライラしていた方が、リコネクティブヒーリング・リコネクションを受けられて・・・・

 

気が付いたら穏やかになっていた。

家族との関係や職場での人間関係がうまく行くようになった。

身体・思考・感情・意識まで調ってくるためです。